英語学習法

日本にいながら『英語漬け』の毎日を送る5つのアイデア

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 英語力を伸ばすには『英語漬け』が一番だと言われていますが、日本でそういう環境を作るのは外資系や大使館、インターナショナルスクールにでも勤務しなければなかなか難しいもの。 そこで、今日は僕も実際に使ったことのある、日本にいながら英語漬けの生活を実現する5つのアイデアを紹介したいと思います。 今日からでもできるように敷居の低いものばかり選んでいるので、『go in one ear and out the other』(聞き流すこと)にならないようにしましょうね。 と、プレッシャーをかけるわけではないのですが・・・(笑) 夢の実現には行動あるのみです! それでは早速はじめましょう。 1.PCやスマホの言語設定を英語に変える。 今日の帰りの電車でもできてしまう簡単な方法です。言語設定を英語に変えることによって基本的なコンピューター用語を学べるし、何よりも英語を身近に感じることができると思います。職場のPCの言語設定を変えるのは問題があるかもしれませんが、自分のPCであれば一度やってみると面白いかもしれません。僕もニュージーランドの公用語の一つ、マオリ語を学んでいる時にこの方法を使いました。 日本語入力環境は仕事等で必要な場合もあると思うので、必ず言語設定を英語に変更しても日本語入力ができるかどうか確認してから実行してください。僕のPCは言語設定は英語ですが、3言語(英語・日本語・マオリ語)で入力できるようになっています。スマホは英語のみですが、日本語もアプリを入れれば入力できると思います。 2.『英友』と英語だけで交流する。 僕が初めて留学したアメリカの大学には日本人のクラスメートが大勢いました。日本人だけでかたまってしまう人も多いのですが、英語力が伸びるのは現地人との交流が多い人と、日本人のクラスメートとでも英語を話すことができる人たちでした。日本人同士で英語を話すのは確かに最初は気まずいのですが、すぐに慣れてきます。英会話学校に通っている人は仲の良い人に英語だけで交流する「英友=英語の友」になってくれるか聞いてみましょう。もちろん100%英語を使う必要はありませんが、最低でも携帯のメールくらいは全て英語にして、会話もなるべく英語を使うようにしましょう。 3.英語ミニブログで世界と繋がる。 かなり前になりますが「英語ブログのすすめ」という記事を書いたことがあります。「英語は受け身ではなく自発的に何かを発信していくことによって上達する。」という僕の信念から、英文でブログを書くことをすすめたのですが、ブログ運営は何気に敷居が高いことに気付きました。そこで、最近はTwitterなどの『microblogging』(ミニブログ)をおすすめしています。普通のブログと違い文字制限があるので、気軽に書くことができます。英語で書くことにより日本で英語を学ぶ人だけではなく、世界中の人と繋がることができます。僕のTwitterにもメッセージを頂ければできる限りお返事します。 4.テレビはやめて英語字幕付きの洋画を見る。 僕が日本でアメリカ留学の準備をしている時は、衛星放送で洋画を毎日何本も観ていました。当時は日本語の字幕はついていましたが、英語字幕はまだ出ない時代。最近ではネットで英語字幕付きの洋画が簡単にしかも格安で見られる時代になりとてもうらやましいものです。 「テレビはやめて」と書きましたが、忙しい毎日に英語を学ぶ時間を捻出するには何かを犠牲にしなければ難しいと思います。とはいっても、ネットやDVDで洋画を見るのであればCMもないし、ダラダラ見るのではなく2時間もあれば完結するので、英語学習と娯楽を融合して時間を有効利用する良い方法だと思います。 【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 5.週末だけでも英字新聞にする。 僕は中学生の時から毎日少しでも英字新聞を読むように心がけていました。英語力が伸びて行くのが実感できたし、世界情勢に目を向け多角的に物事を考える姿勢を養えた気がします。下の関連記事に僕が具体的にどうやって英字新聞を読んだかが詳しく書かれていますが、一番おすすめなのは週刊の英字新聞から始めることです。僕は『The Japan Times』刊行の英語学習誌『週刊ST』を愛読していました。難しい語彙やイディオムには解説がついているし、週末に読み切れなくても気合を入れれば1週間以内に読み終えられるので達成感を感じられる良い学習法だと思います。 英語学習ならThe Japan Times ST もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

パーティーは『BYO』ってどういう意味?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 クリスマスから新年にかけて色々なホームパーティーにお呼ばれしましたが、ニュージーランドでこの時期によく聞く表現が『BYO』。 招待状に「BYO please」とか「Drinks BYO」などとよく書かれているし、会話でも「It’s BYO.」などと普通に使われています。 『BYO』は「Bring Your Own」の略で、もともと『BYOB』(「Bring Your Own Bottle」, 「Bring Your Own Beer」, あるいは「Bring Your Own Booze」)から来ています。つまり「自分の飲むアルコール飲料は各自持参」という意味ですね。 『BYO』という表現自体は英語圏で広く使われますが、たいていの場合はアルコール飲料(ワイン)を各自で持ち込めるレストラン(BYO restaurant/ BYO establishment)を意味しています。 日本で誰かをパーティーに呼ぶ時は、ホスト側がお酒くらいは用意するのが普通ですが、とてもカジュアルなニュージーランドやオーストラリアでは自分で持っていくのが常識。時には飲み物だけではなく、『potluck』(一品持ち寄り)で料理持参の場合もあります。 あまり使われませんが、バーベキューのパーティーが多いニュージーランドでは『BYOM』(Bring Your Own Meat)、つまりバーベキューで使う肉さえ自分で持参という場合もあります。 15年前にニュージーランドに来たばかりの時は「全て持参なんてパーティーじゃない!」などと思ったものですが、実はこの文化はホストの負担を減らし、カジュアルに気軽に集まれるようにとの配慮から来ているものなんですね。 それではまた次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

人生論

今年こそは!『Dream Board』で夢を実現!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今日で正月三が日も最終日。今年の抱負はもうお決めになりましたか? 老若男女を問わず、新年に目標を設定すると心機一転、やる気に溢れた充実した1年を送ることができるものです。 僕の両親も70歳を超えましたが、母は毎日歩く歩数を決めて歩いたり、父は一人で富士山に登ったり自転車で大島を一周したりととても忙しくしています。 何歳になっても目標をもって生きることはとても素敵なことだと思います。 僕も毎年1年の抱負を決めることにしていて、たいていの場合は英語圏でよく使われる『SMART』という方法を使って設定するのですが、去年は惨敗・・・。 また今度そのことについて触れますが、今年は別のアプローチをとることにしました。 ちなみに、『SMART』に興味のある人のために下にリンクを貼っておきます。 今年の僕のアプローチは『引き寄せの法則』で有名になった、夢実現のためによく使われる『Vision Board』(ビジョンボード)。 実は結構昔からあるエクササイズなのですが、その名の通り自分の夢やビジョンを明確化し視覚化するための方法です。 『Dream Board』とも呼ばれ、僕はこの名前の方がなんだかワクワクするので(笑)、こちらの用語を使っています。 『成功者』と呼ばれる人々の多くが使っていて、やり方には色々あるようですが、今日は僕の使っている方法を紹介します。 一番大切なのは、自分に正直に夢を視覚化すること。 僕の場合は物欲があまりないので、行きたい場所の写真が2つと欲しいもの1つと『物』はとても少なくなりましたが、目標とする人々の写真が多くなりました。シェイクスピアやモリーエル、さらにはタンタンから落語家さんまで。 それでは早速はじめましょう! ちなみに、僕はドリームボードをコンピューターと携帯の壁紙にしています。 ここ数回ほど人生論的記事が多くなりましたが、これからしばらくは英語と海外生活に関する記事を中心に書いてみたいと思います。 それでは今年も1年間一緒に頑張りましょう!

人生論

2018年は人間が人間らしく生きる一年!

新年明けましておめでとうございます! 昨年も一年間『英語達人への道』を読んで頂き、本当にどうもありがとうございました。 2018年も『英語を通した人生革命』をモットーに、英語力向上と夢の実現に役立つ情報を南半球のパラダイス、ニュージーランドから現地情報と交えてお届けしていきたいと思います。 引き続き全力投球していきますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします! さて、今年初めての記事を『2018年は人間が人間らしく生きる一年!』としましたが、こちらのブログに時々登場する僕のマラソン仲間で翻訳家のYさんとの会話からヒントを得たものです。 Yさんと走ると話す内容がいつもマニアックになるのですが(笑)、昨年の暮に最後に一緒に走った時、下の動画の『The Pilot』というイヤフォン型通訳機の話になりました。 もちろんこれはこの商品を開発した企業自身によるプロモーションビデオなので一概には言えませんが、このレベルの技術がすでにあるのであれば将来的に品質はどんどん上がっていくものと考えてよいでしょう。 そうなった場合に通訳の人は仕事を失うのだろうかという話になりました。 今でも翻訳ならば翻訳メモリや翻訳機を使って、マニュアルや契約書程度であれば何とか意味の通じる下訳ができるようになってきています。 機械が文学を翻訳することは永遠に無理かもしれませんが、日常業務で使うような内容であれば自動でできてしまう時代がすぐに来ることでしょう。 そうなれば特殊な専門分野を持つ翻訳家だけが生き残り、大部分の翻訳家(僕も含めて・・・汗)は淘汰されることになるでしょう。 このような機械が人間の仕事を奪うという話ですが、ちょうど1年程前にある保険会社がAI(Artificial Intelligence=人工知能)を導入し34人の人員削減したあたりから現実味を帯びてきました。(この話はここニュージーランドでも紹介されていました。) 考えてみればデジタルカメラの登場によりフィルムの現像屋さんはほぼ姿を消してしまったし、誰でもコンピューターを使えるようになった今タイピストという仕事もなくなりつつあります。「データ入力」の仕事がこれに相当するのでしょうが、将来的にはAIができる仕事となることは恐らく確実でしょう。 こちらのフォーチュン紙の記事によると、2030年までにアメリカの仕事の38%が、そして日本の仕事の21%がロボットにとられてしまうのだそうです。 こう考えると何やらお先真っ暗のような気分になりますが、本当にそうなのでしょうか? 先進国でのトレンドですが、本の通販や電子書籍の台頭でいずれ図書館がなくなるとここ10年程言われてきました。実際シンガポールには全自動の図書館がすでに存在するそうです。 そんな中、ここニュージーランドのオークランド図書館(僕の以前の勤務先)では、「図書館は大きな本棚である」という概念を捨て、『人』そして『コミュニティー』に焦点を向け、ワークショップやイベントを行うコミュニティースペースに変革していったのです。 その結果、住民から今までにないほどの大人気を得るにいたりました。 本の貸し出しなど機械でもできることは自動貸出機に任せ、機械作業が減った分だけ人間にしかできないことにフォーカスしたのです。 20年以上前になりますが、僕が日本に住んでいる時『東京かわら版』という寄席演芸の情報誌がありました。 当時はせいぜい50ページほどの薄っぺらい雑誌でしたが、最近聞いた話によると現在では150ページ程に膨れあがっているのだそうです。 それだけ落語やその他の演芸が活気を取り戻しているという証拠であり、実際に落語家の数も増えてきていると聞いています。 人間が人間に語りかけるという、ごくシンプルだけど人間にしかできないことに人々は飢えている。 「ロボットが人間の仕事を奪う時代」とネガティブにとらえてしまえばそれでおしまいですが、逆をいえば「人間が人間らしく生きる時代」ということもできるかもしれません。 ロボットのできることはロボットに任せておいて、人間は人間にしかできないことに集中できる。 少し飛躍しますが、ロボットにできる仕事というのは人間のやる必要のない仕事という事もできるのかもしれません。 新しいアイデアを捻出したり、人々の心を揺さぶるアートを造ったり、お客さんの気持ちを考えた最高のカスタマーサービスを提供したり。新しいレシピを作ったり、寿司なんて人間でなければ絶対に握れない。国際理解を深め、紛争を回避していく外交官になることだって機械には無理でしょう。 もちろん、ロボットに仕事を奪われる人々が増えることも事実でしょう。 だから、人間にしかできないことは何なのかを常に問い、それを伸ばしていくこともこれからの時代には必要なのかもしれません。 上記のように、AIが実際に人間の仕事を代理し始めた今日現在、人間がもっと人間らしく生きるべき時代がすでに到来している。 そう信じて2018年を人間らしく生きる一年にしたいと思っています。 今年も一年どうぞよろしくお願いいたします!

ニュージーランド

ニュージーランド人のクリスマスのすごし方

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 おとといのクリスマスイブ(Christmas Eve)から昨日のクリスマス(Christmas Day)、そして今日26日のボクシングデー(Boxing Day)までは、日本でいえば『正月三が日』のような感じで、僕も家族や友人と楽しい時間を共にしました。 ニュージーランドのクリスマスは夏なので、カジュアルにバーベキューとデザートというメニューが定番で、ビーチでクリスマスを祝う家族も多いです。裸足かビーチサンダルで、夏の太陽を楽しむのが基本です。 ちなみに、英語圏のクリスマスは日本のお正月のように家族と共に過ごすのが普通で、日本のようにカップルがロマンチックな時を過ごす日とは考えられていません。 この日に告白する人の数はとても少ないと思われます。(笑) ちなみに、『告白』は日本的概念なのですが、こちらについてもいつか書いてみたいと思っています。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 クリスマスイブ クリスマスイブは妻の妹のご主人の実家で過ごしました。 彼らは白人のジンバブエ人なので、家具やアクセサリーもアフリカの影響が強く、下の写真のようにキリスト誕生のシーンのアクセサリーにもキリンやサイ、そして象が登場しています。 ちなみに、僕の親戚はまるで国連のようで、世界5大陸の南米を除いた4大陸から集まっています。 国籍を今思いつくだけ列挙してみると・・・ ニュージーランド人、オーストラリア人、アメリカ人、カナダ人、イギリス人、ジンバブエ人、メキシコ人、ザンビア人、タンザニア人、南アフリカ人、韓国人、マレーシア人、そして僕が日本人です。 これだけの国籍の人々が家族にいると、戦争をしようなんて言う気持ちには絶対にならないので、やはり平和な世界のためにも国際結婚は素晴らしいと思います。 話が横道にそれましたが、下の写真はニュージーランドの伝統的なデザート、『パブロバ』です。妻の妹が作ってくれました。 クリスマス クリスマスデーは妻の実家で過ごしました。前日と同じくバーベキューにデザートで、ビーチへ行ったりサッカーをしたり、基本的にアウトドアで一日をすごしました。 クリスマスと言えばプレゼント。 大家族なので、子供たちは最低10個づつくらいプレゼントをもらったでしょうか。僕はプレゼントは期待していなかったけどとても素敵な本をもらったので、こちらも別の記事で紹介したいと思います。 それにしても、いつも面白いなあと思うのはクリスマスに毎年放送されるイギリスのエリザベス女王からのメッセージ。 ニュージーランドは英国連邦の一部で、厳密に言えばイギリスの一部。 とはいっても、女王の顔が紙幣に印刷されていることを除けば実生活でイギリスの影響はほとんどないのですが・・・ 皆下の写真のようにエリザベス女王の話に聞き入っていました。 ファンの多い女王なのですね。 ボクシングデー 昨日のクリスマスデーは、法律で特定の業種を除いて労働が禁じられていますが、今日は多くの店が開き毎年恒例の『Boxing Day Sale』を開催しています。 もともと貧しい人々に贈り物を渡す日だったボクシングデーが、なぜバーゲンセールで有名な日になってしまったのかは不明ですが(笑)、僕の家族はここ2日間の疲れを癒すために家でゆっくり過ごしています。 これから年末にかけては当然『New Year’s Eve』と『New Year’s Day』のお祝いがありますが、クリスマス程大きなお祝いではなく、カウントダウンを一緒にして年明けと同時に花火が上がるくらいでしょうか。 若い人は夜通しでクラブに行って踊ったりする人も多いですね。日本と違い、クリスマスより年末の方がロマンチックな時と考えられています。(笑) ニュージーランド人のホリデーは通常クリスマスイブ周辺に始まり、2~3週間休みを取るのが普通で、2月まで仕事に戻らない人も多いですね。いやあ、本当にゆったりしています。 それではまた次回お会いしましょう!

ニュージーランド

解決?クリスマス前のチキン失踪事件。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 先ほど家族で買い物へ行こうとしたら、郵便受けに何やら小さな紙切れが入っている。 何だろうと見てみるとこんなことが書いてある。どうやら、迷子のニワトリが保護されたらしい。 スペルの間違えが多いので勝手に直してしまいましたが(笑)、これを書いた人はすごくユーモアのセンスのある人ですね。 ニワトリが『不法侵入』というだけでも面白いけど、これって有名なクリスマスキャロルの『Twelve Days of Christmas』の替え歌なんです! (かなり)無理やり歌えば一応歌詞が旋律に合うように書かれている。 こんなことにもユーモアを使うニュージーランド人ってやっぱり面白い。小さなことだけど、なんだかハッピーな気分になれますよね。 僕も見習って小さなことにもユーモアを使って幸せのおすそ分けをできるように頑張ります! それにしても、ニワトリの飼い主は見つかったのでしょうか? それではまた次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

単語・表現集

『黙秘権を行使する』は英語で何という?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 刑事ドラマを見ているとよく出てくる『黙秘権』という言葉。 自分の意志に反して供述を強要されない権利のことを言いますが、英語で何というかご存知ですか? 昨夜アメリカの推理小説を読んでいたらこんな表現が出てきました。 『The defendant took the Fifth.』 しばらく聞いていなかった表現なので、一瞬「あれっ、どういう意味だったっけ?」と考えてしまいましたが・・・ これは『Fifth Amendment』、つまりアメリカ合衆国憲法の修正条項第5条のことを指しています。 この中で黙秘権が保証されているので、『第5条を行使する』という意味でこの表現が使われるようになりました。小説や映画だけではなく、ニュースでもよく登場する表現です。『plead the Fifth』と『plead』を使うこともあるので覚えておきましょう。 ちなみに、世界的に有名な修正条項には、国民の信教の自由や言論の自由を保障する第1条と、国民の(銃による)武装権を保証する第2条などがありますね。 この表現はアメリカでしか基本的に使われず、一般的には『the right to silence』や『the right to remain silent』と言います。 という警告が刑事ドラマの中でよく使われるので、逮捕や取り調べのシーンを見る時にはこの表現を思い出してくださいね。 それではまた次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

人生論

自分の生きたい人生を歩むこと!僕の大好きな英語名言。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 このブログを書き始めて引っ越し前のものも含めるともう2年以上になります。 最初は英語学習法や英語表現の解説をメインにシェアしていましたが、タグラインを『英語を通した人生革命』と変えてからは、英語を自分の何かを変えていく道具の一つとして使うことはできないか? という問いを常に念頭に書いてきました。 英語を学ぶだけではなく、英語を学ぶ理由を探るブログにできないだろうか? 資格試験の準備に留まらず、実際に異文化と触れ合いたい。 自分のこの目で外国の風景を見てみたい。 今まで食べたこともない味を体験してみたい。 世界中に友達を作り世界平和に貢献したい。 そういうことを考えられる場所を創れたら素敵だなあ・・・ と、いつも思うのですが、なかなか難しいですね。 僕はとても迷いの多い人間なので、ここに書くことは自分自身に対する覚書や言い聞かせであることが多いのですが、海外に20年以上住んだ人間だからこそ書ける異文化生活の知恵もあるかもしれません。 もしかすると、英語というのは、実は皆さんとつながる口実にすぎないのかもしれません。 本当はそれが音楽であっても、料理であっても何でも良いのかもしれない。 正直に言ってしまえば、心の底では日本が「英語なんて誰でもできる!」という国になって欲しいと思っています。むしろ、僕のように英語ができるだけの人間は仕事が見つからないくらいの国になるべきだ思っています。(笑) そうしたら、日本人の一人一人が多角的な思考で世界規模の視野を持ち、日本をさらに良い国にしていく事ができると思います。 そうはいっても、英語が僕の人生を変えてくれたことは事実です。 海外で演劇をしたり、テレビやラジオに出たり、国際結婚したり・・・ 英語ができなければできなかったことですからね。 だから、現時点では英語について書くことはまだまだ意味がある事なのかもしれません。 今この瞬間にこの記事を読んで下さっている方々の人生が英語に限らず素敵なものになりますようにという思いでこれからも書いて行けたらと思います。 年末だからでしょうか。少し熱くセンチメンタルになっている僕ですが、今日は最後にこのページの一番上の僕の座右の銘を紹介したいと思います。 『The Alchemist』(邦題:『アルケミスト 夢を旅した少年』)で有名な、Paulo Coelho(パウロ・コエーリョ)の『Manuscript Found in Accra』という作品からの引用です。 少し軽くなってしまうかもしれませんが、僕の解釈で意訳してみます。 一人でも多くの人々が自分の生きたい人生を歩み、そのことを通して世界が良くなっていく事を願いつつ。 また次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村