CATEGORY 読書

学習リソース

英語の漫画まとめ No.1 英語漫画用語編

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 このブログにはじめてたどり着いた人も多いかもしれないので念のために書いておくと、僕は過去に6年半ニュージーランドの図書館で働いていたことがあります。 こちらの図書館では漫画の数がとにかく多くて、僕の勤めていた小さな図書館でも中高生のエリアの半分は漫画。 こんなに大量に置いてあります。 英語圏だからアメリカンコミックス(アメリカンコミック、アメコミともいう)が多いと思うかもしれませんが、じつは日本の漫画の英語版がほとんど! というわけで、漫画大国日本育ちの僕は漫画エキスパートとして重宝され、冗談交じりに『Comic Librarian』などとあだ名され、挙句の果てにはコンファレンスで漫画文化のコメンテーターをしたことさえあります。(笑) ちなみに、以前から言ってきたことですが、漫画は英語の勉強にもってこいだと僕は考えています。漫画を英語学習に使用するベネフィットを列挙してみると・・・。 というわけで、今日から英語圏の漫画事情について僕の個人的な知識と図書館での経験を元に2~3回に分けてまとめてみたいと思います。 それでは早速はじめましょう! まずは漫画用語から 日本語では『漫画』というとコミック全般を指しますが、英語圏では色々と用語があります。 Manga ちょっと拍子抜けしたかもしれませんが(笑)、漫画は『manga』としてすでに英語の言葉として受け入れられています。たいていは日本の漫画の英語版を指しますが、韓国や中国など他のアジア諸国のものも『manga』と呼ばれています。若い人は皆この言葉を知っていますが、中年以上の人だと知らない人もいるので、その場合は『Japanese Comics』や『Korean Comics』などと言えば良いでしょう。 Graphic Novel もともとこの言葉は、青年・大人向けの文学性の高いコミックを指す言葉でしたが、現在ではフィクション、ノンフィクションに関わらず全ての漫画を指す言葉になりつつあります。でも、今でもニュアンス的には『comic book』というと子供や若者の読む幼稚なイメージがあり、『graphic novel』というとNeil Gaimanの『Sandman』などのストーリー性の高いものを思い浮かべる人が多いです。 ちなみに、僕のお気に入りはやBrian K. Vaughanの『Y: The Last Man』。地球上に女性だけが生き残り、男性が1人だけ生き残ったらどうなるのか・・・というとても面白い設定です。『Sandman』はアメリカンコミック史上最大の名作とも噂され、ギリシア神話や聖書にまでレファランスが及びストーリー性がかなり高いのですが、とにかくダークなので、どちらかというとマニア向けです。あの『American Gods』や『Coraline』(邦題:コララインとボタンの魔女)のニール・ゲイマンが手掛けた名作。 American Comics もう一つの漫画大国と言えばもちろんアメリカ。前記の『Y: The Last Man』と『Sandman』も『American Comics』です。ただし、もともとは『American Comic Book』というと、アメリカの本屋やスーパーで目にするペラペラの30ページくらいの雑誌を指していました。スーパーマンとかバットマンとかもこの小冊子のような雑誌で誕生しました。 ヒーローものだけではなく、『The Wizard of Oz』(オズの魔法使い)やジェーン・オースティンの『Emma』などの文学作品を元にしたものや、世界情勢を分析したジャーナリズム的なコミックも多く出版されています。 また他の記事でアメリカンコミックについて詳しく書いてみたいと思います。 French Comics もう一つ忘れてはいけないのが、フランス語から英語に訳された漫画。スピルバーグ監督により映画化された『The Adventures of Tintin』(邦題:タンタンの冒険)が一番有名ですが、英語圏ではフランス語から英訳された漫画もとても人気があります。日本ではあまり知られていないと思いますが、世界的に有名なのは映画化され『カンヌ国際映画祭審査員賞』と『アカデミー賞外国語映画賞』を受賞した『Persepolis』(ペルセポリス)。1970年代に起きたイラン革命に関する漫画で、著者自身の体験を元に描かれています。絵(イラスト)がとてもシンプルで、日本人にはビジュアル的にあまりアピールがないかもしれませんが、とにかくストーリーが素晴らしいので一読に値する作品だと思います。ただし、文字が多く英語力上級の人でないと読みこなせないかもしれません。 それではまた次回お会いしましょう! Have a fantastic day!

読書

今月のHIROの本棚 【2017年12月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今月はこんな本を読んでいます。11月の終わりから12月の始めにかけて日本に帰国していたので、今回は日本で仕入れた日本語の本3冊と英語の本2冊をご紹介します。僕の好みがはっきり分かるセレクションとなっています。(笑) ちなみに、しばらく続けてきたこのコーナーですが、今回をもって終了しようと思います。 今までは読んでいる途中の本を紹介することが多く、きちんとしたレビューをできていなかったような気がするので、これからは読み終わった本でこれは絶対読んで欲しい!というようなものを随時紹介していく事にしました。 それでは早速はじめましょう! 1. “Think Like a Freak: How to Think Smarter about Almost Everything” by Steven D. Levitt & Stephen J. Dubner 2010年にドキュメンタリー映画化された『Freakonomics』の著者二人が伝授する、『freak』(奇人・変人)な思考法のすすめ。こう書いてしまうと、なんだかとてつもなく変わった本のように聞こえてしまいますが、著者のLevittは名門シカゴ大学の経済学者。アメリカで一番影響力のある40歳以下の経済学者に与えられる『John Bates Clark Medal』の受賞者です。経済学者の立場から世の中を切り、型にはまらない、時として異端視されるような奇抜な発想をもって世界を変える方法論を展開します。 今のところ半分程読みましたが、はじめの方で、データを見る限りプロサッカーのフリーキックはド真ん中に蹴るのが一番有効であるということが書かれていたのがとても強く印象に残っています。どうやら、科学的に分析してみるとゴールキーパーは右か左に飛ぶことがほとんどで、真ん中に留まる確率は2%なのだとか。難しい内容(主に政治経済)を、The New York TimesのライターDubnerの読みやすい文体で楽しく説明してくれる1冊です。 Think Like a Freak: How to Think Smarter about Almost Everything 新品価格¥867から(2017/12/17 19:03時点) 2.”Ryan Higa’s how to write good” by Ryan Higa…

読書

今月のHIROの本棚 【2017年11月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今月は仕事の関係で脳が疲労状態なので、ちょっと軽めの本を読んでいます。ノンフィクションが2冊、コミックが2冊です。それでは早速、今月の僕の本棚をご紹介します! 1. 『Murderous Contagion』 by Mary Dobson 「殺人的感染」・・・と直訳してしまうと海外でたまに見る、なんちゃって日本語チックになってしまいますが、副題に「A Human History of Disease」とあるように病気の歴史に関する本です。作者のMary Dobsonは、以前オックスフォード大学の医学史の研究者だったそうで、彼女の知識の深さがヒシヒシと伝わってきます。 コレラ(cholera)や黄熱病(Yellow Fever)をはじめ、近年のエボラ熱(Ebola)やAIDS、そしてSARSにも詳しく触れています。英語のレベル的には上級者向けで、科学的な内容のノンフィクションに慣れていない人にはかなり難しいかもしれません。でも、とてもロジカルできれいな英語で書かれているので、TimeやNewsweekを辞書を引きながらでも読める人ならば問題なく読めると思います。ただし、500ページ以上あるのでかなりヘビーです。 僕は以前時には変化球!理系英語ボキャブラ向上計画。という記事に書いた通り、理系のボキャブラリーを増やすためこの本にチャレンジしています。 2. 『Descending Stories: Showa Genroku Rakugo Shinju』by Haruko Kumota この本は言わずと知れた『昭和元禄落語心中』の英語版です。今日の時点で第4巻まで英語化が進んでいるそうですが、僕は第3巻を読んでいます。落語を英語で演じるシーンでは、たまに「う~ん、これで落語を知らない英語圏の人に通じるのだろうか?」と思ってしまう部分もあるのですが、できるだけ原作に忠実に訳そうとしている翻訳家さんの気合がうかがえます。 翻訳者さんがすごいなと思ったのは、江戸っ子の粋の感覚が英語でもきちんと伝わってくること。落語マニアが言うのは当然かもしれませんが、この漫画は絶対に名作です! 英語的には中級レベル位。日本文化をどうやって英語で伝えるかに興味のある人や、翻訳家を目指す人は読んでみると色々新しい発見があるかもしれません。 3.『Naked and Marooned- One Man. One Island. One Epic Survival Story.』by Ed Stafford タイトルにあるように、作者のEd Staffordが裸一貫で無人島に置き去りにされた時のサバイバル体験を綴った一冊。テレビ番組の60日間フィジーの孤島オロルア島(Olorua)で生き残れるかという企画だったそうですが、本当に何も与えられていなかったようで、水探しや草で服を作ることから始まります。化膿止めも持っていないのでケガを極力避けたり、夜の恐怖や孤独と戦う様子など、まさに手に汗を握る本です。 英語的には中級レベル位。フィクションのような軽快なタッチで描かれていて、あくまで個人的な意見ですが、今年読んだ本で一番面白かった本のトップ5には入れたい一冊です。 4.『The Complete Pistol Whip』by Matt Kindt & Jason Hall 僕の好きなアメリカンコミックの出版社『Dark…

読書

そうだ、児童文学を読もう。『The Kingdom of Fantasy』シリーズは絶対におススメ!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 僕がニュージーランドの図書館で働いていた時、貸し出し数の多い子供向けシリーズ上位10位に必ず登場していたのは『ジェロニモ・スティルトン』(Geronimo Stilton)シリーズでした。 日本では『ねずみたんていノート』とか『冒険作家ジェロニモ・スティルトン』と呼ばれているようですが、この本のニュージーランドでの人気と言ったら想像を絶するものがあります。 その中でも『The Kingdom of Fantasy』シリーズは特に人気で、子供から大人までのフィクション・ノンフィクション全てを含め、上位10位に入ることもあったくらいです。 『今まで本を読まなかった家の子がジェロニモ・スティルトンで本を読むようになった!』 というようなコメントもよく聞きます。 小学校教員の友人に聞いたら、最近の教職課程ではこの本を細かく分析する授業があるほどだそうです。 本嫌いの子供達に読書の魅力を教えるという意味では、ひと昔前のハリー・ポッターシリーズ的な位置づけになるかもしれません。 というわけで、『The Kingdom of Fantasy』シリーズは日本で英語を勉強している人も絶対に楽しめる本だと思うので、もうちょっと詳しく書いてみます。 この本は、主にティーンエイジャー対象のハリー・ポッターと違って、6~12歳位の小学生向けの本です。 『ネバーエンディング・ストーリー』や『指輪物語』を思わせるようなファンタジーですが、主人公がねずみのジャーナリストという設定で、ユーモアに溢れとても親しみが湧きます。 絵や色文字がやたらと多く、気軽にパパっと読めますが、300~500ページの本なのでネイティブでない我々には読むのに少し時間がかかるかもしれません。 大人がこういう子供向けの本を読むベネフィットというのは、やはり英語独特の言葉遊び(韻・造語など)を学ぶことにあると思います。 この本は特に造語が多く、主人公がねずみということで、分かりやすいものだと「famouse」や「enormouse」(famous/enormous+mouseですね。)など色々出てきます。 こういう表現は英語圏の大学を出ていても「あれっ?」と少し考えないと理解できなかったりするので、児童文学を読むことはネイティブのレベルに近づくのに良いエクササイズだと思います。 『The Kingdom of Fantasy』シリーズで、あの子供時代の読書のワクワク感を思い出してみてはいかがでしょうか。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

読書

今月のHIROの本棚 【2017年10月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今月もぎりぎりセーフ。現在こんな本を読んでます! 1. 『世界を笑わそ!RAKUGO IN ENGLISH』  大島希巳江著 10年くらい前に両親が日本から送ってくれた本ですが、写真のように新品同様。本棚に眠っていたのを新しい英語落語を覚えてみようと手に取りました。 著者の大島さんは、社会言語学、異文化コミュニケーション学、そしてなんとユーモア学の専門家で、学者としてだけではなく英語落語家としても活躍されております。 この本は、彼女が上方の落語家さんと海外ツアーをした時の珍道中を紹介し、落語翻訳の難しさや日本文化を世界に伝える具体的なプロセスを細かく説明しています。カジュアルな文体ですごく読みやすいのですが、その根底に流れる社会言語学のコンセプトがとても勉強になり、翻訳家や通訳の人にも役立つ1冊だと思います。 英語落語の脚本が5本も収録されているので、英語落語ファンには特におススメ! 2.『My Nights at the Improv』 by Jan Siebold 僕がもう8年間ほど関わっている即興コメディー『improv』を題材にした数少ない小説で、これを読むのは3回目位です。即興コメディーを題材にした小説は、僕の知っている限りだとこの本だけなので、興味のある人には絶対おススメです。 ただし、基本的にティーンエイジャーのために書かれた本で、主人公のLizzieが即興の技術を使って人生の困難を乗り越えていくというシンプルな設定なので、複雑なプロットが好きな人にはおすすめしません。 簡単な英語で書かれていて読みやすく、たったの98ページなので、1日で読めるかもしれません。 3.『The Worst Jobs in History』 by Tony Robinson & David Willcock 妻の父の本棚に置いてあったのを拝借してきました。(笑)人類の歴史を通して最悪な仕事を紹介する1冊で、例えば「puke collector」(吐いたものを集める人ですね・・・。)や「leech collector」(ヒルを集める人)など、ありとあらゆる最悪な仕事が収録されています。 この本の仕事と比べれば、自分の仕事はかなり楽ちんだということに気付くことでしょう。(笑) 始めから最後まで順番に読むのではなく、暇な時にパラパラっと興味のあるチャプターを読む感じの本です。 英語的にはかなり難しいので、上級者向け。 4.『Painless Poetry』 by Mary Elizabeth ネイティブの学生のための詩の参考書です。僕は英語でよく詩を読みますが、英詩には構成上の決まりが沢山あるので、定期的にこの本を読んでおさらいしています。 有名な英語の詩が多く紹介されており、詩の書き方の基本も学べるので、詩に興味のある人にはおススメ。ただし、中高生のために書かれたにしては理論的すぎる部分も多いので、題名にある『painless』というのは微妙に嘘かと思われます・・・。(笑) 15年程前に買った本ですが、今でも十分役に立っているので個人的に大好きな本の一つ。上級者向けです。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

読書

今月のHIROの本棚 【2017年9月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 実は現在このブログの引っ越し中で、これから2~3週間程アップの頻度が低くなるかもしれませんが、気長にお付き合いお願いします! さてと、今月はこんな本を読んでいます。 1. “The Taming of the Shrew” by William Shakespeare 僕の関わっている劇団で中世チックな英語を使った即興をやることになり、久しぶりにシェイクスピアを読んで中世英語を磨いています。(内面焦っている僕・・・。どうしよう!) この本「じゃじゃ馬ならし」は何度も映画化され、1960年代に制作されたエリザベス・テイラー主演のものと、「10 Things I Hate About You」(恋のからさわぎ)が特に有名ですね。 英語的にはとても難しいのですが、シェイクスピア作品はBarron’s社の「Simply Shakespeare」シリーズが特にお勧めです。ページの左側に中世英語、右側に現代英語の対訳が書かれているのでスラスラ読めます。(ちなみに写真の本はこのシリーズのものではありません。) 2. “Poems That Make Grown Men Cry” Edited by Anthony and Ben Holden 映画「いまを生きる」を見て以来でしょうか、僕は英語の詩をよく読みます。 何年経っても詩はとっつきにくく、たいていの場合語彙自体は簡単ですが、言葉の裏に秘められた魂まで読み込むのはなかなか難しいもの。でも、慣れてくると英語独特のストラクチャーやリズムが分かってきて、マニアックな楽しみがあります。 この本のタイトルはずばり「大人の男を泣かせる詩集」。100人の有名人が選んだ100の詩が彼らのコメントと共に紹介されています。男性だけではなく女性にも読んでもらいたい1冊。 3. “Crimes Against a Book Club” by Kathy Cooperman このミステリー小説は、ツイッターで知り合ったののさんのお勧めの1冊。どちらかというと女性向けの本ですが、登場人物が非常にユニークで、スピード感あふれるプロットに圧倒され、あっという間に読み終わってしまいました。 作者Kathy Coopermanのデビュー作だそうですが、彼女はエール大学法学部出身の才女で、更には僕と同じく即興コメディーに関わっていたのだとか。これから絶対に人気の出る作家です。 4.”Wake Up” by Jack Kerouac 1950~1960年代にかけてアメリカ文学をリードした「ビート・ジェネレーション」の一人、Jack…

読書

今月のHIROの本棚 【2017年8月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今月は仕事が忙しくてあまり時間がとれていませんが、最低でも1週間に1冊のペースで本を読むように心がけています。でも、今月はもしかするとノルマ達成できないかなあ・・・。 今月はこんな本を読んでいます。 1. “爆笑!大江戸ジョーク集” by 笛吹明生 落語マニアの僕のために両親が昔送ってくれた本で、今になってやっと読んでいます。江戸の人々の暮らしが詳しく分かるおススメの1冊ですが、正直に言ってしまうと今のところ「爆笑」は一度もしていません。(笑) こういう本の内容を英語できちんと説明できるようになりたいなあなどと考えつつ読んでいます。こちらのブログでも江戸文化を英語で紹介する記事をいずれ書こうと思っています。 2.”The Sculptor” by Scott McCloud 表紙に書いてあるNeil Gaimanのコメント(”The best graphic novel I’ve read in years.”)を見て、これは読んでおかなければと思い、地元の図書館から借りてきました。いわゆる「Graphic Novel」で、複雑なプロットの文学性の高いコミックです。 以前から考えてきましたが、日本で英語を勉強する人はGraphic Novelをもっと読むべきだと思います。子供向けの漫画と違い、文字数も多いものだと普通の小説と同じくらいで、基本的に会話をベースで展開するので、英語圏で実際に使われているナチュラルな表現を学ぶことができると思います。 3.”Picturepedia: an encyclopedia on every page” by DK (Dorling Kindersley) 英語圏で写真をふんだんに使ったノンフィクション書籍の大御所と言えばDK。そのDKが出版したこのビジュアル百科事典、子供向けなのですがなかなかあなどれません。動物からスポーツ、そして世界史まで、色々な情報で網羅されています。 息子と一緒に読む(見る)ことが多いのですが、英語学習者としての僕は、こういう百科事典に時折目を通し、自分の語彙の弱い分野を知るのに役立てています。 4.”The Book of Joy” by Dalai Lama, Desmond Tutu, and Douglas Abrams ダライ・ラマとデズモンド・ツツという世界を代表する聖人二人の書いた、喜びをもって生きる秘訣。ツツは日本ではあまり知られていないかもしれませんが、南アフリカのアパルトヘイト撤廃に貢献した牧師さんで、1984年にノーベル平和賞を受賞されています。 この二人が仏教とキリスト教という宗教の違いを超え、喜びの真理を世界に伝えます。僕の独断と偏見ですが、10点中10点をあげたい1冊。 5.”The Life-Change Magic…

読書

今月のHIROの本棚 【2017年7月】

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 このコーナーもしばらく更新していませんでしたが、読書は相変わらず続けています。毎度のことですが、あまり多くの人が読まない本ばかり読んでいます。(笑) 今月はこんな本を読んでいます。 1. “Comic, Curious & Quirky: News Stories from Centuries Past” by Rona Levin 1700年代から1900年代にかけて新聞に掲載された珍ニュースを集めた一冊。笑えるニュースから、耳を疑ってしまうような超珍事件だらけで、とても楽しく読めました。ただし、古い英語が使われているので、英語的には上級者でも少し難しいかもしれません。 2. “The Parent’s Tao Te Ching” by William Martin 「Tao Te Ching」というのは、中国の思想家老子が書いたと言われる「道徳経」のこと。この本は老子の思想を子育てに応用するというコンセプトで書かれていて、僕個人としては今まで読んだ子育ての本で一番役に立ったと思います。とても簡単な英語で書かれていますが、哲学的な内容なので、きちんと理解するには比較的高い読解力が必要かもしれません。 3. “Catalog of Unabashed Gratitude” by Ross Gay Winner, 2015 National Book Critics Circle Award, poetry category Winner, 2016 Kingsley Tufts Poetry Prize Finalist, 2015 National…