CATEGORY 英語落語

英語落語

英語で読む明治時代の落語事情 序編

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 最近、ふとしたことから明治時代に発行されたというあるフランス語の本の存在を知りました。 この本はなんと落語に関する本で、発見した時は落語マニアの僕は思わずドキドキしてしまいました。 実はこの本には英語版も出ていて、面白いのは元々フランス語で書かれたのに、その英語版の方が先に出版されたということです。 1899年発行で著者の死後50年以上経っていて著作権が消滅していると思われるので、もっと時間のある時にこちらで英語のテキストに解説をつけながら紹介していこうと思っています。 この本へたどり着いた経緯が面白いので、今日はそちらのお噺をちょいと一席お付き合いいただけましたら幸いでございます。 (はったり江戸弁をお許しください。) 10年くれえ前のことでしょうか。 あたくしがニュージーランドに参りまして4年程経った頃でしょう。 ふと日本が恋しくなりまして『落語「通」検定』ってえ本を手に入れたわけでございます。 こいつが社団法人落語協会さん出版の本でございまして、あたくしのような素人でも分かりやすいように落語の歴史なんかを説明してくれる、有難てえ一冊なんでございますよ。 ですがね、猫に小判、Hiroに落語検定とはよく言ったもんで、10年も積読。本棚に眠っておりました塩梅でさあ。 昨年の暮れに大掃除してるってえと、「おうおう、こいつはなんでえ?」ってな感じで再会しました。 大掃除なんて忘れて食いつくようにこの本をむさぼり読みまして、そんな中の「明治の落語」ってえところにきれえな挿絵があるんでございますよ。 寄席の入口の絵なんですがね、つるし(看板)に三遊亭圓朝って書いてある。 それでその横にね「英国人ブラック」ってあるんでさあ。 こいつにゃあ感動しましたね。 オーストラリア出身のイギリス人、初代快楽亭ブラック師匠の名前ではないですか。 えらく興味を持ちましてね、挿絵の小さな文字で書かれた解説を読んでみるってえと「Jules Adam」ってえフランスの人が書いた「Au Japon」ってえ本から拝借したってえこと。 (はったり江戸弁に疲れてきたので、ここから普通に書きます。) 最初はフランス語で書かれた本という事で残念な気分になりましたが、ちょっと調べてみるとなんとOsman Edwardsという翻訳者による英語版が出ているとのことが分かりました。 パブリックドメインの作品だと思われるので、Project Gutenbergでテキストを探しましたが見つからず、最終的には古本屋さんのこちらのサイトで発見しました。購入するととても高いと思いますが、とても美しい本です。 今後こちらから文字に起こし解説を加えながら記事を書いてみたいと思います。 お楽しみに!

英語落語

落語家に関する英語の詩は世界初?『The Good Old Days (Song of Rakugoka)』

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 先日僕の英語落語の先生、鹿鳴家英楽(かなりやえいらく)師匠の主催する英語落語教室が10周年を迎えました! 元NHKテレビ英会話講師、田崎清忠(たざききよただ)氏や、イギリス人のナレーター・俳優・作家のスチュワート・アトキン(Stuart Atkin)氏も駆けつけ、10年という大きな節目をお祝いしたそうです。 今日はその祝宴でアトキン氏が書かれた落語家に関する詩を師匠の許可を得てこちらでシェアします。 僕の知っている限りでは落語に関する英語の詩は恐らく世界初なのではないでしょうか?(ちなみに、同様の詩を知っている方は教えてください!とても興味があります。) The Good Old Days (Song of Rakugoka) Yes, folks, this is it indeed: Stories from the past we tell- Trad Japan on a cushion, And lots of laughs as well! With just our voices, hands, and eyes, A tenugui and a fan, We build up pictures in your mind…

英語落語

【あらすじだけ英語落語 No.1】 「死神」 

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 以前もブログに書きましたが、僕は日本の大学時代は落語研究会に所属していたほどの落語マニアです。とにかく落語好きで、留学していなかったら恐らく落語家の道を目指していたと思います。 そんな僕なので、ニュージーランドに住んでいながら落語を一日に最低1本聞くのを日課にしています。(ちなみに今日は『首提灯』!) せっかくだから、時間のある時に聞いたもののあらすじを英語で書いてみようかなあと思い、この新しいコーナーを始めることにしました。 10分くらいでパパっとあらすじだけ書くつもりなので、文学性は相当低くなると思いますが(笑)、一応妻にネイティブチェックを入れてもらうことにします。 第1弾は『死神』です。 生まれて初めて聞いた落語がこの噺だったので、ちょっと『昭和元禄落語心中』みたいですね。 それでは、始まり始まり。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 Follow @tatsujinja The God of Death Once upon a time, there lived a man who had lost all his hope in an inescapable debt hell. His only way out was committing suicide by hanging himself. At the verge of ending his own life, he…