CATEGORY 人生論

人生論

夢実現エクササイズ。夢 X 100=?

“The only thing worse than being blind is having sight but no vision.” – Helen Keller 『目が見えないことより不幸なのは、目が見えるのにビジョンを持っていないことです。』(僕の意訳) – ヘレン・ケラー 皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 さっき部屋を掃除していたら、ニュージーランドに来た15年ほど前に書いたあるリストを発見! かなりプライベートなことが書いてあるので、解像度を極力落として掲載しますが、これがそのリスト。 20代の時に書いたものなので、何気に英語の間違いもたくさんあってとても興味深い。 実はこれ、人生のビジョン設定によく使われる、ただひたすら生きているうちにやりたいこと(夢)を100個書きだすというエクササイズ。 ルールとしては、周りの人が自分に求めている夢を書くのではなく、自分に100%正直になること。10個づつ書くとかではなく、ノンストップで100個一気に書き上げること。 それから、『小説家になって本を出版したい!』などの大きな夢以外にも、もっと実現が簡単なものも含めます。 僕のリストには、『船で多くの島々を訪れたい。』とか『犬を飼いたい。』なんてのも含まれています。 日本語で書いても良いと思いますが、どうせなら英語の練習も兼ねて英語で書いてみましょう! たぶん小1時間位かかると思います。 このエクササイズを通して、自分がどんな夢を持っていて何を実現したいのか。そして、何をしたらいつもワクワクしていられ、生きる喜びを感じられるのか。 そういうことがはっきりしてくると思います。 そして、このリストをもとにビジョンを明確にし、その実現を信じ行動していく。 もちろん、100個全て実現に向けて行動を起こす必要は全くありません。 潜在意識に夢を刻み込むことが大切なのだそうです。 「ビジョンのない・・・は滅びる」とよく言われますが、ビジョンがなければ何にせよ目標達成が難しいのは真実だと思います。 英語力を伸ばしたい人に本当に大切なのは、自分の夢・ビジョンをはっきりさせること。 夢にあふれ、英語を夢実現の道具として見ることができる人は、いつもワクワクして学べるし、やっぱり上達しますよね。 ちなみに、僕の夢No.1は『英語を使ってプロのコメディアンになりたい。』でしたが、一応クリアしました。(注:現在セミプロに降格中・・・笑) 実際に実現した夢は今のところ15個位でしょうか。(1年に1個の計算ですね。) それにしても、『ラップができるようになりたい』って書いてあったのには笑ってしまいました。 今はラップにまったく興味がありません。(笑) もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

HIRO、ニュージーランドの禅寺で禅を組む。お経も英語です!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 最近なぜかイライラすることが多くなり、妻に「座禅でも組んだら?」と言われまして・・・ 仏教徒ではないのですが、二人で『Auckland Zen Centre』の禅ワークショップに参加してきました。 タイトルには『禅寺』と書きましたが、外から見るとコミュニティセンターのような普通の建物です。 こんな感じ。 でも、一歩中に入ると日本や中国などのアジア諸国から輸入されたと思われる本格的なインテリアです。 禅の先生はアマラさんという方で、鎌倉で長いこと修行された有名なアメリカ人の禅僧フィリップ・キャプロー氏の流れを引き継いでいるそうです。 白人女性の僧侶なのですが、あの禅僧独特の『どっしり感』がヒシヒシと伝わってきます。 じつは、僕は鎌倉の建長寺の真横にあるK学園の出身で、運動場が建長寺を通らなければ行けない場所にありました。 非常に仏教色の強い場所で高校3年間を過ごしたので、仏教の基礎くらいは学んでおこうと色々本を読みましたが、あまり理解できませんでした。 でも、今回面白いなと思ったのは、禅仏教の捉えどころないコンセプトを西洋人のロジカル・マインドで説明されると、とっても良く分かるということです。 頭のどこかで仏教はアジアのものだと決めつけていたので、これは新しい発見でした。(ついでに『老子』や『論語』も英語で読むと漢文で読むよりずっと分かりやすいことを発見!) でも、一番驚いたのは本堂に置いてあったお経が英語だったこと。こんな感じです。 いやあ、生きていると毎日新しいことを学ぶものですね!だから人生は面白い。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

人生論

英語学習のストレスとの付き合い方。僕の使った自己暗示法。

この先生金髪で青目・・・。少し好み・・・かも? 次は僕の番だ・・・。 気付くと額に汗。 手も汗でびっしょり・・・脇の下も気になるところだなあ。 それにしても、喉がカラカラ・・・ 僕の番だ・・・ どうしようどうしよう! I think it is… ah… ah…(言葉に詰まり黙り込む) こんな外国語を学ぶ時には誰でも経験するストレス。語学習得に大きな影響を与えると考えられ長いこと様々なリサーチが行われてきました。 このストレスは専門用語で「Foreign Language Learning Anxiety (FLLA)」と呼ばれますが、大部分のリサーチではFLLAは語学学習および実際のコミュニケーションにネガティブな影響を与えると考えられています。 David Shinji KondoとYang Ying-Lingの研究によると、語学学習者のストレスの対処方法には主に以下の5つがあるそうです。 1. preparation(準備) 2. relaxation(リラクセーション) 3. positive thinking(ポジティブ思考) 4. peer seeking(仲間探し) 5. resignation(あきらめ) 英語をものにしたい人が諦めてしまったらどうしようもないので、5の「あきらめ」はとりあえず無視することにしましょう。(笑) 1の予習をしたりして準備万端で授業や会話にのぞむのは一番確実なストレス対処法だと思います。これなら、自分の性格に関わらず誰でもできますよね。 でも、2、3、4は自分の性格が影響してしまうので、実行が難しいこともあるかもしれません。 リラックスできなかったり、物事をポジティブに捉えられなかったり、一緒に勉強したらはかどるのは分かっていてもシャイだからと仲間探しを諦めてしまったり。 今考えてみると、僕もアメリカ留学中は主に1と5の方法でストレスに対処していたと思います。(半分あきらめかけた時期もありました。) もちろん上のリサーチ結果を知っていたわけではないのですが、海外生活で物事をポジティブにとらえたり、仲間を探したりすることの大切さには気付いていました。また、リラックスしていなければポジティブにもなれないし、仲間もできないですよね。 今の僕のずうずうしい性格を知っている人は笑うかもしれませんが、僕は結構シャイであがり症。ソーシャルスキルも限りなくゼロに近い人間でした。 これではいけないと思いつつたどり着いたのが自己暗示。自分で試行錯誤して考えた方法なのですが、後々になって色々心理学の本を読んでみると、実は結構有効な方法なのだそうです。 もう20年以上も前のことになりますが、語学の学習だけではなく、人生全般に役立ちそうだと思い毎日自己暗示を自分に言い聞かせていました。 まずは、朝起きてコーヒーを飲みながら。日中はネガティブな気分になってきたらself-affirmation(自己肯定)のリストを自分に言い聞かせる。それから、最後は寝る直前に1回。もちろん英語のリストです。 恥ずかしいのでここに全部は書きませんが、以下のようなリストでした。 I am always confident and exude positive energy. I…

人生論

世界平和に対する日本人の使命

“Peace cannot be kept by force; it can only be achieved by understanding.” Albert Einstein 平和は武力で保つことはできない。相互理解を通してのみ到達できるものなのだ。 アルベルト・アインシュタイン 皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今回は重いテーマになるので、興味のない方はまた次回お会いしましょう。 72年前の今日、長崎に原爆が落とされました。 8月6日の広島への原爆投下に続く、人類の大きな過ち。この日は僕の曽祖父の命日となりました。 また、大叔父さんが原爆の狂気をその目で目撃した日でもあります。本当に奇跡的なことですが、彼は被爆者でありながら未だに健在です。 そんな家族に育ったので、僕が平和主義者となったのは当然のことかもしれません。 さて、海外に長期間住んだことのある人なら分かると思いますが、時として日本人の視点から戦争と平和について意見を求められることがあります。 アメリカ留学中は日常生活でも授業でも、よく意見を聞かれたものです。ニュージーランドでも仕事で聞かれることが何度かありました。 もちろん、自分が戦争を経験したわけではないので、戦争経験者から聞いた話や歴史の知識を元に自分の考えを伝えることになります。なるべくなら避けて通りたい話題ですが、海外に住む以上日本人として避けられないことなのです。 唯一の原爆被害者として、そして戦争の加害者として、日本は世界的にとても特殊な立場に立っていると思います。日本人が戦後に創り上げた平和な国日本。日本人の殺生を嫌う心や和の精神。そういうものを英語で世界に伝えられるようになるのが、英語を学ぶ人間の一つの目的ではないでしょうか? 日本人に生まれた以上は、この重荷が好き嫌いに関わらず、否応なしにのしかかってくるのです。 もう一つアインシュタインの言葉に、「Older men start wars, but younger men fight them. 」(戦争は年寄りが始め、若者が戦う。)というのがあります。 戦争の経験者と何度も話したことがありますが、実際に戦場に行った人で「もう一度戦争に行きたい」という人には一人も会ったことがありません。戦争に自分で行ったことのない年老いた政治家が戦争を始めることがほとんどです。 ここニュージーランドは平和主義者の多い国として知られていますが、毎年8月になると全国各地で広島と長崎の原爆で亡くなった人々への追悼式が行われています。 今年は事情があり行けませんでしたが、毎年子供たちを連れて参加するようにしています。 上のビデオは反核兵器の集会に参加した時のもので、このバンドが最後にしんみりと締めてくれました。 ニュージーランドの地より平和を祈りつつ。 にほんブログ村 Follow @tatsujinja

ニュージーランド

【僕の体験談 III】男性の目から見た国際結婚:愛情表現編

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 今回で日本人男性の目から見た国際結婚シリーズも第3弾! 最初の2記事を見逃してしまった人は、こちらがリンクです。第1弾 第2弾 今日のテーマはタイトルの通りですが、あくまで西洋人女性と結婚している日本人男性としての視点から書いてみたいと思います。 中国やフィリピンなど他のアジア諸国から来られた女性や、中東やアフリカの女性と結婚している男性はまた全く違う体験をされていると思うので、もしそういう方がいらしたら是非下のコメント欄にでもよいのでシェアしてくださいね。個人的にとても興味があります。 さてと・・・、 一般的にいって日本人男性は愛情表現がうまくできない人が多い・・・と思いませんか? やはり、「男は黙って・・・」みたいにストイックに、自分の殻に閉じこもってしまう。僕もどちらかというとそうです。 でも、西洋文化圏の女性との関係はそれだけではやはりうまく行かないので、日本人男性の良いところを保ちながらも、相手の文化を尊重する必要があります。 人前でも肩を組んだり、手をつないだり、ハグをしたり。まあ、公共の場でわざわざキスをする必要もないでしょうが、するのは結構普通だったりします。 何事もオープンなアメリカ人は男性でも感情を前面に出す人が多かったけど、ニュージーランドのようにイギリスの影響を強く受けた国では愛情表現が日本の感覚に似ている部分もあったりします。 なので、ニュージーランド人と日本人の相性はとても良いのではと勝手に思っています。(笑) 英語圏でよく引用される本なのですが、Gary Chapman著「The Five Love Languages」には5つの愛の言葉があると書かれています。 1. Words of affirmation (肯定的な言葉)=相手を高める言葉で伝える愛 2. Quality time (クオリティ・タイム)=充実した時間の共有で伝える愛 3. Gift giving (贈り物)=贈り物で伝える愛 4. Acts of service (サービス行為)=家事や子育てなどを手伝うことで伝える愛 5. Physical touch (身体的なタッチ)=体の触れ合いを通して伝える愛 この5つの愛の言葉は国際結婚に関わらず、すべての結婚関係を円滑にする上で絶対に欠かせないと思います。 参考にして、素敵な二人を目指してくださいね! クリックでランキングのサポートをして頂けたらとても嬉しいです! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 Follow @tatsujinja

人生論

「座右の銘」は英語で何という?および文法クイズ。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 ここニュージーランドでは昨日冬休みが終わり、息子が今日から学校なのでやっと仕事に専念できます。 休暇中はオークランド近郊のハミルトン(Hamilton)という都市に行きましたが、その時の宿泊施設に飾ってあった額のメッセージがとても素敵だったのでシェアしたいと思います。 ちなみに、「座右の銘」を英語でなんというかご存知ですか? 行動の指針となる言葉や概念は日本語でもそうですが、「motto」と言えば意味が通じます。 もう一つよく使われるのが、「words to live by」。こちらも「人生の指針となる言葉」という意味です。 上の写真の言葉を訳すと、 Life isn’t about waiting for the storm to pass, it’s about learning to dance in the rain. 人生とは、嵐が過ぎ去るのを待つものではなく、雨の中で踊ることを学ぶことである。 とでもなるでしょうか? もう一つ素敵な言葉を見つけたのですが、こちらにはなんと文法の間違えが!どこが間違っているか分かりますか? 答えは・・・ 「breath」は名詞なので、「breathe」とするのが正解です。 妻(ネイティブ)よりも先に気付いたのでちょっと嬉しかったかもです。(笑) ネットで調べてみたら、以下が元々の言葉のようです。 Do what makes you happy, be with who makes you smile, laugh as much as you breathe, and love as long…

人生論

はい、まだ生きております。とりあえずは近況報告!

大変ご無沙汰しておりますが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか? これだけブログをアップしないと読者さんも離れてしまったのだろうなあなどと思っていたら、今アカウントにログインしてみてびっくり。 読者さん数はほぼ同じ!しかも、日によっては以前よりアクセスが増えているっ!いつもお気にかけて頂き心から感謝です! このことに妙に感動してしまい、やはり週1回でも書き続けるべきかなあなどと思いこの記事を書いています。 長いこと間が空いてしまったので、今日はとりあえず近況報告をしたいと思います。英語とあまり関係ないので、僕という人間に興味のない人は軽く飛ばしておいてくださいね。(笑)次回の記事でお会いしましょう。 さてと・・・ 以前書いたように、昨年40代に突入してから一念発起し、もともとの本職であるコメディアン・役者復帰へのリハビリを毎日続けています。 このブログでも英語を通した人生革命などと謳っているし、「何歳になっても夢を追いかけるのには遅くない!」と自分自身に証明したかったこともあります。 「安全な人生を選ぶのか?それとも、険しくても充実した人生を選ぶのか?」という自分への問いに対して出た答えでした。 たかがブログなので、成功しているかのように見せかけるのも可能なのですが・・・ あまりうまく行っておりません。(笑) こう書くとペシミスティックに聞こえるかもしれませんが、着実に前進はしています。 プロのコメディアンの活動を離れてから6~7年経っていたので、やはり下積みから始めなければなりません。英語圏の新人コメディアンは、Open Micと呼ばれる自由に新ネタを試すことのできる舞台に立ちます。 こんな感じの場末の酒場的な場所で行われます。(結構荒いお客さんも多い・・・。) でも、最近のニュージーランドは空前のコメディー・ブームで、新人の数が非常に多く、ギャラなしでもなかなか舞台に立つことができません。現在腕を磨くためにボランティアで小さなショーに色々出演していますが、以前のようにきちんとお金をもらって演じることができるようになるまでどれくらいかかるかは不明です。(笑) それから、所属事務所にも舞台完全復帰の旨を伝え、友人の写真家に新しいプロフィール写真を撮ってもらいCM等のオーディションにもマメに通っていますが・・・ 一つも通っておりません。 ただし、CMは1本だけでも頂ければ2~3か月分くらいの収入になるので、お仕事が頂けたら・・・嬉しいです。(笑) 以前こちらで書いた通り、英語落語の稽古も続けています。先週「寿限無」を卒業したので、持ちネタが「からぬけ」と「頭山」を含めて3つになりました。現在「初天神」の稽古中! 即興演劇(インプロ)は地道に月1回で小さな公演をしています。今年は国際コメディーフェスティバルに出演しませんでしたが、来年はたぶん出場するのでオークランドにいらっしゃる方はおいでください。 肝心の語学の方は、なんと・・・フランス語を学び始めました! アメリカでの演劇留学時代、一番影響を受けたのがフランスのシェイクスピアとも呼ばれるモリエール(Molière)だったので、彼の戯曲をフランス語で読むためです。また、僕自身が英語の習得に使った方法や、英語教育を通して学んだ教授法を応用してどれくらい効率的に学習できるか実験してみたかったというのもあります。まだ2週間程しか学んでいませんが、自分でも結果に興味があります。こちらのプロジェクトもこちらでシェアしていきたいと思います。 「40になったら自分の顔に責任を持て!」などとよく言われますが、まあ老けたけれど充実した人生を歩んでいる顔はしているかなあなどと思いつつ、40代を爆走しようと思う今日この頃です。 次回は英語に関する記事を書きますね。 僕の家族以外でここまで読んで下さった方は、僕の心の友。(ドラえもん見過ぎです。)今後ともどうぞよろしくお願いします! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [twitter-follow screen_name=’tatsujinja’]