CATEGORY ニュージーランド

ニュージーランド

僕の英語失敗談から学べ! 其の九

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 このブログで一番人気のあるシリーズの一つ「僕の英語失敗談から学べ!」が5ヶ月ぶりに復活です! それにしても、今回でもう9回目なんですね。相変わらず失敗だらけの人生でございます。(笑) 1~8回目に興味のある人は、このサイトの検索欄に「失敗談」と入力すると全て表示されます。 もう5年位前のことでしょうか。当時僕はニュージーランドの図書館に勤務していました。 ニュージーランドの先住民マオリ人の新年「マタリキ」(Matariki)のお祝いの準備を担当していた時のことです。 マオリでもパケハでもない僕はかなり緊張して3ヶ月前くらいから早めに準備を始めました。 お祝いの飾り物やワークショップのオーガナイズ、そして地元のマオリの部族の歴史年表制作などなど。 着々と準備が進んでいました。 ある同僚と組んだのですが、この人がかなりのんびりした人で・・・ほとんど手伝ってくれない。 かなりストレスの溜まった状態で他の同僚に相談するとこの一言。 「彼女は正しいことをするでしょう。」という意味だろうと勝手に理解しました。 そして時は経ち・・・ チームにもイベントの流れを事細かに説明したメールを送ってあったし、準備万端・・・のはずでした。 すると、子供たちのストーリータイムの前日に、オーガナイズを一緒にした同僚が僕に話しかけてきました。 おいおい、メールで「了解、当日は任せてね!」って言ってたじゃないですか! ストーリータイムと言っても、マタリキの時には200人以上参加する大掛かりなもの。お話だけではなく歌や踊りなんかも準備しなければならず、普段なら1~2週間はかけて準備するものなんです。 かなり気合を入れて準備していた僕は怒り心頭。思わず他の同僚に愚痴を言う僕。 すると彼は言う。 また同じ表現です。 少しイライラして、「No, she won’t be all right!」と言うと彼は笑いだして、「Oh, “She’ll be right.” means “Everything will be all right.”」(「She’ll be right.」 っていうのは、「全部どうにかなるさ」っていう意味だよ。)と教えてくれました。 このスラングはニュージーランドとオーストラリアで使われていて、どんなシチュエーションでも主語は必ず「She」です。「He」や「It」は使われないので注意しましょう。 そしてストーリータイムの当日が来て、本当に結果オーライとなったのでした。 She’ll be right. もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

これだけは覚えておきたいお米に関する表現

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 昨日は息子2人を連れてアジア系のスーパー(英語では『Asian Market』)に行ってきました。 お米を切らしていたのでお米を買うのが主な目的。 ニュージーランドでも日本米は手に入るのですが、日本で買うのの3倍くらいしてしまうので、お祝い事でもない限りは日本米に近いカルローズ米(Calrose)やオーストラリアのサンライス(SunRice)を使っている日本人が多いようです。 カルローズの方がサンライスのよりも少し高いのですが、その分モチモチ感が強く、家ではカルローズを愛用しています。 でも、スーパーに行くといつも買うカルローズがない! それでも、さすがは移民大国ニュージーランド。世界中のお米が所せましと並んでいます。 日本米、オーストラリア米、ベトナム米、中国米、韓国米、タイ米、などなど。 日本米は高すぎるし、他のお米はあまり美味しそうではないので「また今度にしようね」と子供に言うと、下の子が大泣きして叫び始める・・・。 I want the elephant rice! I’m not gonna go home until you buy me the rice!!! 象のお米が欲しい!買ってくれるまで家に帰らない!!! 完全に絵だけで選んでいる上に、脅迫までしてくる息子・・・。 上の写真のお米ですが、よく見るとタイ米で「New Crop 2018」(2018年の新米)とあり、「The Best Quality AAAAA」とまで書いてある。 相当自信があるのだなあと、買ってみることにしました。 (息子に脅迫されたのが本当の理由ですが、敗北を認めたくないので・・・。) タイ料理のレストランでおなじみの、少しポップコーンのような香りのする『Jasmine Rice』です。 英語圏ではお米の種類を、その「産出国」か「お米の粒の長さ」で区別します。 産出国で区別する場合、日本米だったら『Japanese rice』、オーストラリア米なら『Australian rice』。日本語と同じですね。 お米の粒の長さで区別する場合は、『short grain rice』、『medium grain rice』、『long grain rice』の3種類に区別されます。 日本米やカルローズは『medium grain rice』で、タイ米は『long grain rice』です。 ちなみに、玄米は『brown…

ニュージーランド

世界で一番早寝の子供達が住む国は?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 先日CNNのウェブサイトを見ていたら、世界の子供たちのベッドタイムを比較した記事が掲載されていました。 その中で0~3歳児の寝る時間を比較した統計があったのですが、とても興味深かったので皆さんとシェアしたいと思います。 もちろん、まず目が行くのは日本人の子供たちが寝る時間。 思ったより遅いですね。平均で午後9時17分だそうです。 アメリカが午後8時52分、イギリスがそれより1時間も早くて午後7時55分。 おとなり韓国が日本より遅く、午後10時6分。台湾はさらに遅い午後10時9分です。 世界で一番ベッドタイムが遅いのは香港の子供たちで、なんと午後10時17分。 そして世界一早く寝る子供たちはというと・・・ たぶん分かってしまったと思いますが、僕の住むニュージーランドの子供たち。 なんと平均が午後7時28分だそうです。 僕の3歳の息子も7時半前には寝てしまうので平均くらいですね。上の子は7歳なのですが、8時には寝ます。 僕のニュージーランド人の妻はというと・・・ 香港の子供達より早く寝てしまうのでした。(笑) この記事を読んでみたい人はこちらです。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

パーティーは『BYO』ってどういう意味?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 クリスマスから新年にかけて色々なホームパーティーにお呼ばれしましたが、ニュージーランドでこの時期によく聞く表現が『BYO』。 招待状に「BYO please」とか「Drinks BYO」などとよく書かれているし、会話でも「It’s BYO.」などと普通に使われています。 『BYO』は「Bring Your Own」の略で、もともと『BYOB』(「Bring Your Own Bottle」, 「Bring Your Own Beer」, あるいは「Bring Your Own Booze」)から来ています。つまり「自分の飲むアルコール飲料は各自持参」という意味ですね。 『BYO』という表現自体は英語圏で広く使われますが、たいていの場合はアルコール飲料(ワイン)を各自で持ち込めるレストラン(BYO restaurant/ BYO establishment)を意味しています。 日本で誰かをパーティーに呼ぶ時は、ホスト側がお酒くらいは用意するのが普通ですが、とてもカジュアルなニュージーランドやオーストラリアでは自分で持っていくのが常識。時には飲み物だけではなく、『potluck』(一品持ち寄り)で料理持参の場合もあります。 あまり使われませんが、バーベキューのパーティーが多いニュージーランドでは『BYOM』(Bring Your Own Meat)、つまりバーベキューで使う肉さえ自分で持参という場合もあります。 15年前にニュージーランドに来たばかりの時は「全て持参なんてパーティーじゃない!」などと思ったものですが、実はこの文化はホストの負担を減らし、カジュアルに気軽に集まれるようにとの配慮から来ているものなんですね。 それではまた次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

ニュージーランド人のクリスマスのすごし方

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 おとといのクリスマスイブ(Christmas Eve)から昨日のクリスマス(Christmas Day)、そして今日26日のボクシングデー(Boxing Day)までは、日本でいえば『正月三が日』のような感じで、僕も家族や友人と楽しい時間を共にしました。 ニュージーランドのクリスマスは夏なので、カジュアルにバーベキューとデザートというメニューが定番で、ビーチでクリスマスを祝う家族も多いです。裸足かビーチサンダルで、夏の太陽を楽しむのが基本です。 ちなみに、英語圏のクリスマスは日本のお正月のように家族と共に過ごすのが普通で、日本のようにカップルがロマンチックな時を過ごす日とは考えられていません。 この日に告白する人の数はとても少ないと思われます。(笑) ちなみに、『告白』は日本的概念なのですが、こちらについてもいつか書いてみたいと思っています。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 クリスマスイブ クリスマスイブは妻の妹のご主人の実家で過ごしました。 彼らは白人のジンバブエ人なので、家具やアクセサリーもアフリカの影響が強く、下の写真のようにキリスト誕生のシーンのアクセサリーにもキリンやサイ、そして象が登場しています。 ちなみに、僕の親戚はまるで国連のようで、世界5大陸の南米を除いた4大陸から集まっています。 国籍を今思いつくだけ列挙してみると・・・ ニュージーランド人、オーストラリア人、アメリカ人、カナダ人、イギリス人、ジンバブエ人、メキシコ人、ザンビア人、タンザニア人、南アフリカ人、韓国人、マレーシア人、そして僕が日本人です。 これだけの国籍の人々が家族にいると、戦争をしようなんて言う気持ちには絶対にならないので、やはり平和な世界のためにも国際結婚は素晴らしいと思います。 話が横道にそれましたが、下の写真はニュージーランドの伝統的なデザート、『パブロバ』です。妻の妹が作ってくれました。 クリスマス クリスマスデーは妻の実家で過ごしました。前日と同じくバーベキューにデザートで、ビーチへ行ったりサッカーをしたり、基本的にアウトドアで一日をすごしました。 クリスマスと言えばプレゼント。 大家族なので、子供たちは最低10個づつくらいプレゼントをもらったでしょうか。僕はプレゼントは期待していなかったけどとても素敵な本をもらったので、こちらも別の記事で紹介したいと思います。 それにしても、いつも面白いなあと思うのはクリスマスに毎年放送されるイギリスのエリザベス女王からのメッセージ。 ニュージーランドは英国連邦の一部で、厳密に言えばイギリスの一部。 とはいっても、女王の顔が紙幣に印刷されていることを除けば実生活でイギリスの影響はほとんどないのですが・・・ 皆下の写真のようにエリザベス女王の話に聞き入っていました。 ファンの多い女王なのですね。 ボクシングデー 昨日のクリスマスデーは、法律で特定の業種を除いて労働が禁じられていますが、今日は多くの店が開き毎年恒例の『Boxing Day Sale』を開催しています。 もともと貧しい人々に贈り物を渡す日だったボクシングデーが、なぜバーゲンセールで有名な日になってしまったのかは不明ですが(笑)、僕の家族はここ2日間の疲れを癒すために家でゆっくり過ごしています。 これから年末にかけては当然『New Year’s Eve』と『New Year’s Day』のお祝いがありますが、クリスマス程大きなお祝いではなく、カウントダウンを一緒にして年明けと同時に花火が上がるくらいでしょうか。 若い人は夜通しでクラブに行って踊ったりする人も多いですね。日本と違い、クリスマスより年末の方がロマンチックな時と考えられています。(笑) ニュージーランド人のホリデーは通常クリスマスイブ周辺に始まり、2~3週間休みを取るのが普通で、2月まで仕事に戻らない人も多いですね。いやあ、本当にゆったりしています。 それではまた次回お会いしましょう!

ニュージーランド

解決?クリスマス前のチキン失踪事件。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 先ほど家族で買い物へ行こうとしたら、郵便受けに何やら小さな紙切れが入っている。 何だろうと見てみるとこんなことが書いてある。どうやら、迷子のニワトリが保護されたらしい。 スペルの間違えが多いので勝手に直してしまいましたが(笑)、これを書いた人はすごくユーモアのセンスのある人ですね。 ニワトリが『不法侵入』というだけでも面白いけど、これって有名なクリスマスキャロルの『Twelve Days of Christmas』の替え歌なんです! (かなり)無理やり歌えば一応歌詞が旋律に合うように書かれている。 こんなことにもユーモアを使うニュージーランド人ってやっぱり面白い。小さなことだけど、なんだかハッピーな気分になれますよね。 僕も見習って小さなことにもユーモアを使って幸せのおすそ分けをできるように頑張ります! それにしても、ニワトリの飼い主は見つかったのでしょうか? それではまた次回お会いしましょう! もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

【動画付き】南半球のクリスマスが熱い!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 週末はオークランドの高級住宅街、ポンソンビー(Ponsonby)にあるフランクリンロード(Franklin Road)へクリスマスのイルミネーションを見に行ってきました。 この道は普通の住宅街の道なのですが、どう始まったかは知りませんが、クリスマスの時期になると地域住民こぞって家をデコレーションします。 とにかく規模が大きいので全国的に有名になってしまい、この道に引っ越してしまうと家のデコレーションを半ば強制され大変なのだそうです。(笑) 噂によると住民はクリスマスの時期は電気代がタダになるのだとか。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 南半球にあるニュージーランドでは当然かもしれませんが夏にクリスマスがやってきます。 というわけで、サーフボードにサングラスのサンタさんも登場します。 そして国鳥のキウィもサンタ帽にビーチチェアで一休み。 家族連れで溢れかえる道では、半袖半ズボン、サマードレスを着た人々が、アイスクリームでも食べながら夏のクリスマスを満喫していました。僕の家族もアイスキャンディーを食べながらブラブラしました。 ちなみに、ニュージーランドは南極の近くにあるので、夏場はちゃんと暗くなるのが9時半くらいでしょうか。 窓のところにサンタさんがいるのが見えますか?ホログラムか何かを使っていて、気合の入れ方が半端ではありません!左の窓から見えるジオラマが凄すぎる! アジア系ニュージーランド人の人たちがクリスマスキャロルを披露。オークランドには異文化が混在しており、文字通り世界中の人々が集まっています。

ニュージーランド

デートならやっぱりヨルダン料理

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 昨晩は妻の親戚が突然ベビーシッターを買って出てくれたので、妻と2人で久しぶりのデートでした。 いきなり決まったことだし、2人になれる時間も限られているのでどこへ行こうかと迷います。こういう時は雰囲気重視のカップルが多いと思いますが、我が家は完全に食べ物重視です。(笑) そして家から15分くらいのところにあるヨルダン料理屋さんに決定。ヨルダン(Jordan)という国の名前くらいは聞いたことがあったけど、基本的に国について何も知らなかったので、着席してからネットで色々調べてみます。 正式名は『The Hashemite Kingdom of Jordan』なので王様の治める王国。人口約1千万人で、公用語はアラビア語。地図を見てみるとイスラエルの真東に位置しています。ちなみに、『Jordan』の形容詞形は『Jordanian』なので、ヨルダン料理のレストランは『Jordanian Restaurant』となります。 アラビア語圏ということで、お店のインテリアや食器もその影響を受けています。 僕が食べたのは一番上の写真のベジタリアン料理。カシューナッツ、パセリ、レーズンなどをスパイスと一緒に混ぜこんだロングライスの上に、マメやカリフラワーがのっているというシンプルな料理なのですが、これが・・・半端ではなく美味しい! 『Make it really spicy. (すごく辛くしてね。)』と言っておいたのに全然辛くなかったのが少し残念ですが、10点中9点はあげたい逸品です。 妻が食べたのは『Fatat』という料理で、メニューを参照すると以下のものが入っているそうです。 Fresh bread, eggplant, chickpeas, Tahini Sauce, Cashew Nuts, Fresh Chili Dressing 美味しすぎて物足りずファラフェルも追加オーダーし、お腹一杯家路についた僕と妻でした。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村