ニュージーランドの就職で問われる!『ワイタンギ条約』について。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

昨日2月6日はニュージーランドの建国記念日『ワイタンギ・デー』(Waitangi Day)でした。

イギリス政府(British Crown)とマオリ人(Māori)の間に結ばれた『ワイタンギ条約』(『Treaty of Waitangi』 マオリ語では 『Te Tiriti o Waitangi』)が調印されたのが1840年のこの日だったのでニュージーランド建国の日とされています。

ワイタンギ(Waitangi)はオークランドから北に230キロ程離れた小さな町で、マオリのリーダー達がこの条約に署名した場所です。実は署名は今のオークランドも含め色々な場所で行われたのですが、もっとも多く集まったのがこの場所でした。

ニュージーランドではこの条約が日本の憲法のような役割を果たしていて、全ての法律にこの条約の概念が適用されています。というわけで、タイトルに書いたようにこちらで就職する場合にはこの条約の基礎知識が問われることになります。

もちろん、アルバイトや日本語を使った仕事の面接で問われることはまずありませんが、きちんとした企業や公共施設の面接では必ず問われるので最低限のことは知っておきたいものです。

これだけは知っておきたい『ワイタンギ条約』のコンセプト
  • ニュージーランドではマオリ文化とイギリス文化(移民の文化)は完全に同等に扱われ、学校教育や役所手続き等全てのことを英語だけではなくマオリ語で行う権利が保障されている。
  • この二つの文化を国の柱とする政策を『二文化主義』(Biculturalism)という。
  • ワイタンギ条約のイギリス側とマオリ側の解釈に大きなギャップがあり、イギリス側もマオリから非合法に土地を奪ったりしたため、現在でも二者間の関係修復に取り組んでいる。
  • 現在でもワイタンギ条約に反して行った政府の行動に対し補償を求める裁判が続いている。

というとなんだかとても難しそうですが、一番大切なのはニュージーランド固有のマオリ文化に敬意を払う態度だと思います。その態度さえはっきりと通じれば、外国人である我々がワイタンギ条約に対する知識の不足で不採用になる事もあまりないと思いますが、こちらで就職を真剣に考えている人は最低でもこちらのサイトに目を通しておきましょう。

ちなみに、言葉を学ぶ人間としてとても興味深いのは、イギリス側とマオリ側の誤解を深めた理由の一つが翻訳の仕方だったことです。

この条約には英語版とマオリ語版があり、二つの間でかなり解釈が変わってしまう翻訳だったらしく、ある意味翻訳者が歴史を変えてしまったということもできるかもしれません。

翻訳した宣教師ヘンリー・ウィリアムズ(Henry Williams)と息子エドワードも、自分の翻訳がここまで誤解を生んでしまうことになるとは思ってもみなかったことでしょう。

それでは、また次回お会いしましょう!

 

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。