『不思議の国のアリス』マニアのお家に泊まってきました。

“If I had a world of my own, everything would be nonsense. Nothing would be what it is, because everything would be what it isn’t.”

Lewis Carroll (Alice’s Adventures in Wonderland & Through the Looking-Glass)

皆さんお久しぶりです。英語達人への道のHiroです。

子供達の夏休みの都合でしばらく間が空いてしまいましたが、変わりなくお元気でお過ごしでしょうか?

今年の日本はインフルエンザで大変だそうですが、くれぐれもお体には気を付けてくださいね。

今日は久しぶりのブログなので、軽い日記調で書くことにします。エンジンがかかってきたら、また通常の英語関連の記事を書きますね。

さてと、先日オークランドから1時間半ほどのところにあるハミルトン(Hamilton)という都市に義妹の30歳の誕生日パーティーで行ってきました。

ハミルトンは以前も紹介しましたが、ニュージーランドで4番目に人口の多い都市なのですが、農業が中心のかなり静かな街です。

【簡単英語写真集 No.1】 ハミルトン旅日記

2017.07.25

義妹の実家はハミルトンの中心地から40分くらい離れた町(村?)で、家が10件くらいしかないかなりの田舎。

こんな感じです。⇓

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

とても楽しいパーティーを終え、次の2日間はハミルトンの都市部に移動して借りた家で過ごすことにしました。

借りた時は知らなかったのですが、ここのオーナーさんがかなりの『不思議の国のアリス』マニアなんです。

家に一歩入るとそこはファンタジーの国。

全ての部屋にアリス関連のインテリアやアクセサリーが並んでいます。

大きな道に面していて車の騒音が気になるのがネックでしたが、子供たちも大喜びでまたいつか伺いたいと思っています。

「座右の銘」は英語で何という?および文法クイズ。

2017.07.24




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。