世界で一番早寝の子供達が住む国は?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

先日CNNのウェブサイトを見ていたら、世界の子供たちのベッドタイムを比較した記事が掲載されていました。

その中で0~3歳児の寝る時間を比較した統計があったのですが、とても興味深かったので皆さんとシェアしたいと思います。

もちろん、まず目が行くのは日本人の子供たちが寝る時間。

思ったより遅いですね。平均で午後9時17分だそうです。

アメリカが午後8時52分、イギリスがそれより1時間も早くて午後7時55分。

おとなり韓国が日本より遅く、午後10時6分。台湾はさらに遅い午後10時9分です。

世界で一番ベッドタイムが遅いのは香港の子供たちで、なんと午後10時17分。

そして世界一早く寝る子供たちはというと・・・

たぶん分かってしまったと思いますが、僕の住むニュージーランドの子供たち。

なんと平均が午後7時28分だそうです。

僕の3歳の息子も7時半前には寝てしまうので平均くらいですね。上の子は7歳なのですが、8時には寝ます。

僕のニュージーランド人の妻はというと・・・

香港の子供達より早く寝てしまうのでした。(笑)

この記事を読んでみたい人はこちらです。

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。