今年こそは!『Dream Board』で夢を実現!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

今日で正月三が日も最終日。今年の抱負はもうお決めになりましたか?

老若男女を問わず、新年に目標を設定すると心機一転、やる気に溢れた充実した1年を送ることができるものです。

僕の両親も70歳を超えましたが、母は毎日歩く歩数を決めて歩いたり、父は一人で富士山に登ったり自転車で大島を一周したりととても忙しくしています。

何歳になっても目標をもって生きることはとても素敵なことだと思います。

僕も毎年1年の抱負を決めることにしていて、たいていの場合は英語圏でよく使われる『SMART』という方法を使って設定するのですが、去年は惨敗・・・。

また今度そのことについて触れますが、今年は別のアプローチをとることにしました。

ちなみに、『SMART』に興味のある人のために下にリンクを貼っておきます。

英語圏での新年の抱負の立て方

2016.12.30

今年の僕のアプローチは『引き寄せの法則』で有名になった、夢実現のためによく使われる『Vision Board』(ビジョンボード)。

実は結構昔からあるエクササイズなのですが、その名の通り自分の夢やビジョンを明確化し視覚化するための方法です。

『Dream Board』とも呼ばれ、僕はこの名前の方がなんだかワクワクするので(笑)、こちらの用語を使っています。

『成功者』と呼ばれる人々の多くが使っていて、やり方には色々あるようですが、今日は僕の使っている方法を紹介します。

一番大切なのは、自分に正直に夢を視覚化すること。

僕の場合は物欲があまりないので、行きたい場所の写真が2つと欲しいもの1つと『物』はとても少なくなりましたが、目標とする人々の写真が多くなりました。シェイクスピアやモリーエル、さらにはタンタンから落語家さんまで。

それでは早速はじめましょう!




Dream Boardを作ってみましょう!
1.まずはコーヒーでも読みながら今年1年間でやりたいこと達成したいことを夢見る。

2.箇条書きで書きだしてみる。仕事で達成したいこと。趣味でやりたいこと。行ってみたい場所。食べてみたいもの。買いたいもの。大切なのは自分に正直になること。ドリームボードなので、自分の夢であればなんでもOKです。

3.雑誌やネット等で書きだした夢を象徴する画像を集める。

4.集めた画像を使い、コルクボードや画用紙、デジタル派の人はPhotoshopなどでコラージュを作成する。『5キロ減量!』『ワイキキビーチでピニャ・コラーダ!』など文字を使っても構いません。大切なのはそのボードを見るとワクワクすること。

5.そのコラージュを目に付きやすい場所に常に置き、夢を潜在意識に叩き込みながら1年間を過ごします。

夢実現エクササイズ。夢 X 100=?

2017.11.03

ちなみに、僕はドリームボードをコンピューターと携帯の壁紙にしています。

ここ数回ほど人生論的記事が多くなりましたが、これからしばらくは英語と海外生活に関する記事を中心に書いてみたいと思います。

それでは今年も1年間一緒に頑張りましょう!




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。