解決?クリスマス前のチキン失踪事件。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

先ほど家族で買い物へ行こうとしたら、郵便受けに何やら小さな紙切れが入っている。

何だろうと見てみるとこんなことが書いてある。どうやら、迷子のニワトリが保護されたらしい。

On the 13th day of Christmas…
Two chickens trespassing… 
If you have lost some chickens 
You are in luck- we have them 
Please call… on 02xxxx 

クリスマスの13日目に、
2羽のニワトリが不法侵入。
ニワトリをお探しなら、
運がいい。ニワトリは私たちのところにいます。
02xxxx番の・・・に電話をください。

スペルの間違えが多いので勝手に直してしまいましたが(笑)、これを書いた人はすごくユーモアのセンスのある人ですね。

ニワトリが『不法侵入』というだけでも面白いけど、これって有名なクリスマスキャロルの『Twelve Days of Christmas』の替え歌なんです!

(かなり)無理やり歌えば一応歌詞が旋律に合うように書かれている。

こんなことにもユーモアを使うニュージーランド人ってやっぱり面白い。小さなことだけど、なんだかハッピーな気分になれますよね。

僕も見習って小さなことにもユーモアを使って幸せのおすそ分けをできるように頑張ります!

それにしても、ニワトリの飼い主は見つかったのでしょうか?

それではまた次回お会いしましょう!

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村




ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。