これだけは知っておきたい!ニュージーランド英語発音のポイント。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

最近僕のハーフの息子達の発音を何気なく聞いていたら、かなりニュージーランドの訛りが強くなってきていることに気付きました。

長男は小学校に上がるまで日本語中心の生活をしていて、ニュージーランドに住んでいながら日本語訛りで英語を話していたほどですが、小学校に入ってたったの2年間でここまでニュージーランド人化しているのはとても興味深いところです。

その時の二人の会話を聞いたままに文字化するとこんな感じです。

次男:Could you pass me the pin?
長男:Which pin?
次男:That rid one, the one right nixt to you.

分かりましたか?これくらいなら簡単に推測できる思いますが、『pin』 と聞こえるのは『pen』のことで、『rid』は『red』のこと。『nixt』は『next』ですね。

ということで、今日はニュージーランドの発音について少し書いてみたいと思います。

上記のように、日本人に限らず海外から来た人がまず気づくのは『e』の発音が『i』になること。『ten』は『tin』と発音され、『penguin』は「ペングゥイン」ではなく「ピングゥイン」となります。『December』も「ディッスィンバー」です。

これがなかなか曲者で最初は非常に苦労しますが、比較的一貫しているのですぐに慣れてきます。

少し似ていますが、『square』という単語は「スクウィア」となり、『hear』や『near』の母音の部分(ear)と同一に発音されます。

訛り英語学習法|脱アメリカ発音論

2016.09.12

ニュージーランドの発音は、全体的にアメリカ英語と比べ、口の前の方で少し鼻にかかった喋り方をするのが特徴です。我々日本人と同じく島国住まいというのもあるのかもしれませんが、少しシャイで、ボソボソと口先で喋りはっきりと発音しないことが多いです。また、疑問文ではない普通文でも語尾が上がることが多いことを知っておくとよいでしょう。

ニュージーランドに住むアメリカ人やカナダ人の友達も、キウィ達の話し方に最初は苦労したようなので、ネイティブでもなくアメリカ英語に慣れている我々日本人が少し戸惑ってしまうのは仕方ないかもしれません。

Did you know?
知っている人も多いかもしれませんが、ニュージーランド人は正式には『New Zealander』ですが、日常会話では『Kiwi』という事の方が多いです。国鳥のキウィ(Kiwi)が語源で、もともとマオリ語の単語です。ちなみに、『kiwifruit』はもともと『Chinese Gooseberry』と呼ばれ、実は中国原産なのをご存知でしたか?

また、ニュージーランドの発音はオーストラリアの発音に少し似ていますが、その違いを表すのによく使われるのが「fish and chips」の発音の比較。かなり誇張すると以下のように発音されます。

ニュージーランド fush and chups (ファッシャンチャップス)
オーストラリア feesh and cheeps (フィーシンチープス)

また、ニュージーランド人の間でも、マオリ系やパシフィックアイランド系のニュージーランド人はアクセントがかなり違います。アジア系のニュージーランド人は育った場所にもよりますが、たいていは白人の発音で話す人が多いのが特徴です。

また今度ニュージーランド英語についてもっと書いてみたいと思います。

それでは皆さん、See you next time!

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村




ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。 現在「英語便利屋」としても活動中です。 私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。