時には変化球!理系英語ボキャブラ向上計画。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

僕が1996年に日本を出てからかなり経ちますが、最近理系のボキャブラリーが極貧なことに気付きました。

ふと、

「あれっ、カリウムって英語でなんて言うんだっけ?」

と思ったけれどなかなか出てこない。

「ええっと、元素記号はKだから・・・kalium?」

でも、英語圏に20年住んでいて、そんな言葉は一度も聞いたことがない。

しばらく考えたすえ、脳の片隅に埃をかぶった状態で発見。

「そうだ、potassiumだ!」

念のため辞書を調べ、合っていたのでホッとする自分。(笑)

この機会に考えてみたら、化学用語だけではなく、病名や星座名、生物・物理系の英単語はすぐに出てこないことに気付きました。

日本では英語が『文系科目』として位置づけられていて、リーディングで読む内容も文学であったり、歴史・ビジネス・社会科学などの『文系』のものが99%以上を占めている。そういう環境で最初に英語を学んだことも理由の一つだと思います。

日本で『英語ができる人』はたいていは文系の人ですよね。

TOEICにしても英検にしても、問われるのは文科系の英語スキルばかり。

でも、これだと本当に高いレベルの英語力をつけることは難しいと思います。

実際に英語圏に住むと、日本では『理系』と考えらえる単語も日常生活でよく使われます。

相対性理論(Theory of Relativity)、 局部麻酔(local anesthetic)、脊椎損傷(spinal injury)、炭素放出(carbon emission)、温室効果(greenhouse effect)

などなど、普通の会話に登場します。(もちろん、このレベルの単語なら資格試験にも登場するとは思いますが・・・。)

というわけで、時には変化球で英語で科学系の本や雑誌を読んだり、理系のボキャブラリーを意識して学んでみたりすると、もっとバランスの取れた英語力が身につくのではないでしょうか?

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。

現在「英語便利屋」としても活動中です。
私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。