そうだ、児童文学を読もう。『The Kingdom of Fantasy』シリーズは絶対におススメ!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

僕がニュージーランドの図書館で働いていた時、貸し出し数の多い子供向けシリーズ上位10位に必ず登場していたのは『ジェロニモ・スティルトン』(Geronimo Stilton)シリーズでした。

日本では『ねずみたんていノート』とか『冒険作家ジェロニモ・スティルトン』と呼ばれているようですが、この本のニュージーランドでの人気と言ったら想像を絶するものがあります。

その中でも『The Kingdom of Fantasy』シリーズは特に人気で、子供から大人までのフィクション・ノンフィクション全てを含め、上位10位に入ることもあったくらいです。

『今まで本を読まなかった家の子がジェロニモ・スティルトンで本を読むようになった!』

というようなコメントもよく聞きます。

小学校教員の友人に聞いたら、最近の教職課程ではこの本を細かく分析する授業があるほどだそうです。

本嫌いの子供達に読書の魅力を教えるという意味では、ひと昔前のハリー・ポッターシリーズ的な位置づけになるかもしれません。

というわけで、『The Kingdom of Fantasy』シリーズは日本で英語を勉強している人も絶対に楽しめる本だと思うので、もうちょっと詳しく書いてみます。

この本は、主にティーンエイジャー対象のハリー・ポッターと違って、6~12歳位の小学生向けの本です。

『ネバーエンディング・ストーリー』や『指輪物語』を思わせるようなファンタジーですが、主人公がねずみのジャーナリストという設定で、ユーモアに溢れとても親しみが湧きます。

絵や色文字がやたらと多く、気軽にパパっと読めますが、300~500ページの本なのでネイティブでない我々には読むのに少し時間がかかるかもしれません。

大人がこういう子供向けの本を読むベネフィットというのは、やはり英語独特の言葉遊び(韻・造語など)を学ぶことにあると思います。

この本は特に造語が多く、主人公がねずみということで、分かりやすいものだと「famouse」や「enormouse」(famous/enormous+mouseですね。)など色々出てきます。

こういう表現は英語圏の大学を出ていても「あれっ?」と少し考えないと理解できなかったりするので、児童文学を読むことはネイティブのレベルに近づくのに良いエクササイズだと思います。

『The Kingdom of Fantasy』シリーズで、あの子供時代の読書のワクワク感を思い出してみてはいかがでしょうか。

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。

現在「英語便利屋」としても活動中です。
私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。