『Guy Fawkes Night』って何?その歴史。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

ここニュージーランドでは、昨日11月5日の夜は『Guy Fawkes Night』(ガイ・フォークス・ナイト)でした。

『Guy Fawkes Day』あるいは『Bonfire Night』とも呼ばれ、もともとイギリスの風習ですが、英国連邦のニュージーランドやカナダ、カリブ海諸国などでも祝われています。

「祝う」といってもニュージーランドでは基本的に花火を上げるだけなのですが、その由来にはとても興味深いものがあります。(ちなみに、本場イギリスでは、これから説明するガイ・フォークスの人形を引き回した後に焼く風習があるそうです。今はあまりやらないようですが、ちょっと怖い・・・。)

さてと・・・

この日の主人公となるガイ・フォークスは、ヨーク生まれのイギリス人。1570年に生まれました。

世界史の授業で習ったかもしれませんが、当時のイギリスはローマと宗教・政治的に分裂し、プロテスタント化が進んでいた頃。

でも、このガイ・フォークス、お母さんの再婚相手がカトリック教徒だっため、熱心なローマ信奉者になりました。ヨーロッパ大陸に渡り、八十年戦争でカトリック側に従軍したほどです。

そして、時は1605年11月5日。

プロテスタントだった当時の国王ジェームズ1世(King James I)と国会議員を暗殺する計画に関わり、国会議事堂の爆破を試みます。

ちなみに、この日は国会の開会式だったので、この計画を実行するには絶好のチャンス。

国会議事堂の近くに家を借り、そこから議事堂近くまでトンネルを掘り、仲間たちと共に合計36樽の火薬を持ち込み準備万端です。

それでも、ぎりぎりのところでガイ・フォークスは逮捕されてしまいます。

この逮捕を記念して祝ったのが『ガイ・フォークス・ナイト』の始まりといわれています。

ちなみに、ここニュージーランドでは法律で11月2日~11月5日の期間しか花火を買うことができず、購入には成人であることを証明するためIDの提示を求められます。

なかなか花火が手に入らないので、この時期は皆さん狂ったように・・・

といったら失礼かもしれませんが夜中まで花火を上げています。

昨日の夜はうるさくてあまり眠れなかったので、半分居眠りしながらこの記事を書く僕でした。

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

参照サイト

1. The Gunpowder Plot
2. Gunpowder Plot

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。

現在「英語便利屋」としても活動中です。
私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。