HIRO、ニュージーランドの禅寺で禅を組む。お経も英語です!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

最近なぜかイライラすることが多くなり、妻に「座禅でも組んだら?」と言われまして・・・

仏教徒ではないのですが、二人で『Auckland Zen Centre』の禅ワークショップに参加してきました。

タイトルには『禅寺』と書きましたが、外から見るとコミュニティセンターのような普通の建物です。

こんな感じ。

Zen Centre 1

でも、一歩中に入ると日本や中国などのアジア諸国から輸入されたと思われる本格的なインテリアです。

禅の先生はアマラさんという方で、鎌倉で長いこと修行された有名なアメリカ人の禅僧フィリップ・キャプロー氏の流れを引き継いでいるそうです。

白人女性の僧侶なのですが、あの禅僧独特の『どっしり感』がヒシヒシと伝わってきます。

じつは、僕は鎌倉の建長寺の真横にあるK学園の出身で、運動場が建長寺を通らなければ行けない場所にありました。

非常に仏教色の強い場所で高校3年間を過ごしたので、仏教の基礎くらいは学んでおこうと色々本を読みましたが、あまり理解できませんでした。

でも、今回面白いなと思ったのは、禅仏教の捉えどころないコンセプトを西洋人のロジカル・マインドで説明されると、とっても良く分かるということです。

頭のどこかで仏教はアジアのものだと決めつけていたので、これは新しい発見でした。(ついでに『老子』や『論語』も英語で読むと漢文で読むよりずっと分かりやすいことを発見!)

でも、一番驚いたのは本堂に置いてあったお経が英語だったこと。こんな感じです。

Chants

いやあ、生きていると毎日新しいことを学ぶものですね!だから人生は面白い。

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。

現在「英語便利屋」としても活動中です。
私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。