『Tooth Fairy』って何?僕の息子にも妖精がやって来た!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。

皆さんは『Tooth Fairy』という言葉を聞いたことがありますか?

英語圏ではよく聞く表現ですが、文字通り『歯の妖精』のこと。

西洋文化圏の多くの国々では、子供の乳歯が抜けると妖精がやってくると信じられてきました。(大人で本気で信じている人はあまりいないと思われますが・・・。)

アニメーション映画『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(Rise of the Guardians)に登場するあの妖精です。

しきたりとしては、抜けた歯を枕の下に置いておくと、その晩に妖精がやってきて、歯を持っていく代わりに次の朝その支払いのお金が置いてあるというもの。

もちろん、お父さん・お母さんが子供が寝ている間にこっそり歯を持ち出してお金を置くのですが、面白い習慣ですよね。

それでもって、最近息子の乳歯が抜けたので、夜に彼の部屋に忍び込み$2コインを置いておきました。

サンタクロースと同じで、いつまで信じてくれるか分かりませんが、ああいう夢のある習慣は大切にしたいですよね。

ふと思ったのですが、お金欲しさにまだグラグラしている歯を無理やり抜いたりするようなことはないだろうか?う~ん。

もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名は中辻拓志(なかつじひろし)。アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外滞在20年。現在ニュージーランドに永住中。アメリカの4大卒業後は日本で英会話講師を経験、その後ニュージーランドの高校教師資格(演劇・日本語・社会)を取得する。ニュージーランドでは英語にてスタンダップコメディーを行い、2005年ニュージーランド国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たす。その後、テレビドラマ、CM等に出演、テレビのレポーターも勤める。子育てを理由に、司書として現地の図書館に6年半勤務するが、2016年9月に一念発起し独立。翻訳および英語教育を中心とした文筆業に専念し始める。舞台活動も本格的に再開予定で、長年の夢であった映画出演の夢もかなえようと精進する毎日。

現在「英語便利屋」としても活動中です。
私のプロフィールを御覧になって、何か私のできそうなことがあれば、お気軽にお申し付けください。