単語・表現集

英語圏でよく使われる20のラテン語表現をまとめてみた。

Carpe diem.  (Seize the day. 今を生きよ。) 皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 映画『いまを生きる』(原題: Dead Poets Society)で有名になった「Carpe diem」というラテン語の表現を聞いたことがありますか? どちらかというと少し気取ってインテリぶって言うような言葉ですが、日常会話で使う人にも実際に会ったことがあります。 現在ではラテン語はバチカン市国のみで話される言葉ですが、英語は実は思っているよりずっとこの言語の影響を強く受けています。今日はそんな英語化したラテン語の表現をまとめてみることにしました。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 ラテン語と英語の微妙な関係。 のちに大英帝国となり世界中の国々を植民地化するに至る英語の故郷イングランドですが、実はもとも多くの国々から侵略を受けていました。ローマ帝国やデンマーク(バイキング)、そしてフランスなどにも占領されたため、言語的にも様々な外国語の影響を受けています。 特にフランス語とラテン語の影響を強く受け、もともとイギリスで使われていたゲルマン語よりも現在の英語に反映されているとも言われています。 世界史の授業で習った11世紀の「ノルマン・コンクエスト」(The Norman Conquest of England)の後は、しばらくの間支配者階級のほぼ全てがフランス語を話したこともあり、英語のボキャブラリーの約30%がフランス語から来ているそうです。 また、他の30%はラテン語から来ていて、現在の英語でも特に書き言葉ではラテン語ベースの言葉をよく目にします。医学用語や法学用語はラテン語の表現が特に多く使われるので、海外で医者や法律家を目指す人ならラテン語の基礎知識が役立つかもしれません。ビジネスに関わる人であれば、契約書にラテン語が登場することもあります。 こう書いてしまうとなんだか難しそうなので、今日は新聞や雑誌で目にする、一般人でも知っていなければならない表現の紹介に絞ろうと思います。 これだけは知っておきたい英語で使われるラテン語表現 ad hoc: 直訳すると「これのために」という意味ですが、英語では大きく2つの意味があります。1.特定の目的のための(団体・委員会)(例) ad hoc committee (特定の目的のために作られた委員会)2.即興の・その場しのぎの(例)decide on an ad hoc basis その場しのぎで決定する。 addendum: 追加条項、付録 affidavit: 宣誓供述書(供述が真実であることを証明する書類)。アメリカに留学した時「affidavit of support」(家族が僕の留学を金銭面でサポートするという宣誓書)の提出を求められたのを覚えています。 alma mater: 母校 bona fide: 真実の/本物の、誠実な。「bona fide relationship」(本物の関係)。僕が国際結婚で移住する際に2人の関係が真実の愛に基づくものか(bona…

単語・表現集

『どれにしようかな天の神様の言う通り。』は英語で何という?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 日本の子供たちが、鬼ごっこの鬼を決めたり選択肢がいくつかあり決めかねたりしている時、「どれにしようかな、天の神様の言う通り。」という数え歌をうたうことがあります。 僕の地元湘南では、その後に「なのなのな」と付け加えますが、地域によって色々バリエーションがあるようです。 英語圏の子供たちも同じシチュエーションでこのような数え歌を歌うことがあります。日本と同じで地域により多少違いますが、一番一般的なのはこちらです。 Eeny, meeny, miny, moe, Catch a tiger by the toe. If he hollers, let him go, Eeny, meeny, miny, moe. イーニー、ミーニー、マイニー、モー、(この部分は特に意味がありません。) 虎のつま先をつかんで捕まえよう。 虎が吠えたら逃がしてあげよう、 イーニー、ミーニー、マイニー、モー。 日本語の数え歌の場合、選択の対象となる物(人)をひらがな一字毎に一つ(一人)ずつ順番に指差して、最後の音の時に指差している物(人)に決定します。 英語でやる場合も基本的に同じですが、音節ごとに指をさすので、以下のように区切るのが一番一般的です。 Eeny/ meeny/ miny/ moe, Catch a/ tiger/ by the/ toe. If he/ hollers,/ let him/ go, Eeny/ meeny/ miny/ moe. 英語圏に住んで長く経ちますが、こういう文化的な知識に関しては毎日が勉強で、これからもこちらのブログでどんどん紹介していけたらと思っています。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

英語学習法

時には変化球!理系英語ボキャブラ向上計画。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 僕が1996年に日本を出てからかなり経ちますが、最近理系のボキャブラリーが極貧なことに気付きました。 ふと、 「あれっ、カリウムって英語でなんて言うんだっけ?」 と思ったけれどなかなか出てこない。 「ええっと、元素記号はKだから・・・kalium?」 でも、英語圏に20年住んでいて、そんな言葉は一度も聞いたことがない。 しばらく考えたすえ、脳の片隅に埃をかぶった状態で発見。 「そうだ、potassiumだ!」 念のため辞書を調べ、合っていたのでホッとする自分。(笑) この機会に考えてみたら、化学用語だけではなく、病名や星座名、生物・物理系の英単語はすぐに出てこないことに気付きました。 日本では英語が『文系科目』として位置づけられていて、リーディングで読む内容も文学であったり、歴史・ビジネス・社会科学などの『文系』のものが99%以上を占めている。そういう環境で最初に英語を学んだことも理由の一つだと思います。 日本で『英語ができる人』はたいていは文系の人ですよね。 TOEICにしても英検にしても、問われるのは文科系の英語スキルばかり。 でも、これだと本当に高いレベルの英語力をつけることは難しいと思います。 実際に英語圏に住むと、日本では『理系』と考えらえる単語も日常生活でよく使われます。 相対性理論(Theory of Relativity)、 局部麻酔(local anesthetic)、脊椎損傷(spinal injury)、炭素放出(carbon emission)、温室効果(greenhouse effect) などなど、普通の会話に登場します。(もちろん、このレベルの単語なら資格試験にも登場するとは思いますが・・・。) というわけで、時には変化球で英語で科学系の本や雑誌を読んだり、理系のボキャブラリーを意識して学んでみたりすると、もっとバランスの取れた英語力が身につくのではないでしょうか? もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

単語・表現集

バドミントンの『ハネ』は英語で何という?ついでに『びっくり箱』は?

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 昨日息子とバドミントンをしていたら、「バドミントンのハネって英語でなんて言うの?」と息子に聞かれました。 彼はニュージーランド生まれのニュージーランド育ちで、一応ネイティブスピーカーなのですが、なるほど彼でもこんな基礎的な単語を知らないのかあと感心し、ブログに書いてみることにしました。 ハネは日本語でも『シャトル』と呼ばれることがあるように、英語でも『shuttle』なのですが、これは省略形で正式には『shuttlecock』と言います。 人によっては『bird』あるいは『birdie』と呼ぶこともあります。 もう一つ、最近息子が学校でびっくり箱を作ってきたのでこちらもついでにカバーしておくと、 英語では『Jack-in-the-box』と言います。 あのアメリカのハンバーガーチェーン店と同じ名前です。 それから、びっくり箱の中身がビヨ~ンと飛び出す時に英語圏の人が、 Pop Goes the Weasel! (直訳すると「イタチが飛び出した!」) というのを聞いたことがある人もいるかもしれません。 これはもともとびっくり箱にオルゴールがついていて、その音楽が童謡の「Pop Goes the Weasel」であることが多かったためにこの表現が定着したそうです。 ちなみに、日本語の『オルゴール』の語源はオランダ語で、英語では『music box』や『musical box』と呼ばれています。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

読書

そうだ、児童文学を読もう。『The Kingdom of Fantasy』シリーズは絶対におススメ!

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 僕がニュージーランドの図書館で働いていた時、貸し出し数の多い子供向けシリーズ上位10位に必ず登場していたのは『ジェロニモ・スティルトン』(Geronimo Stilton)シリーズでした。 日本では『ねずみたんていノート』とか『冒険作家ジェロニモ・スティルトン』と呼ばれているようですが、この本のニュージーランドでの人気と言ったら想像を絶するものがあります。 その中でも『The Kingdom of Fantasy』シリーズは特に人気で、子供から大人までのフィクション・ノンフィクション全てを含め、上位10位に入ることもあったくらいです。 『今まで本を読まなかった家の子がジェロニモ・スティルトンで本を読むようになった!』 というようなコメントもよく聞きます。 小学校教員の友人に聞いたら、最近の教職課程ではこの本を細かく分析する授業があるほどだそうです。 本嫌いの子供達に読書の魅力を教えるという意味では、ひと昔前のハリー・ポッターシリーズ的な位置づけになるかもしれません。 というわけで、『The Kingdom of Fantasy』シリーズは日本で英語を勉強している人も絶対に楽しめる本だと思うので、もうちょっと詳しく書いてみます。 この本は、主にティーンエイジャー対象のハリー・ポッターと違って、6~12歳位の小学生向けの本です。 『ネバーエンディング・ストーリー』や『指輪物語』を思わせるようなファンタジーですが、主人公がねずみのジャーナリストという設定で、ユーモアに溢れとても親しみが湧きます。 絵や色文字がやたらと多く、気軽にパパっと読めますが、300~500ページの本なのでネイティブでない我々には読むのに少し時間がかかるかもしれません。 大人がこういう子供向けの本を読むベネフィットというのは、やはり英語独特の言葉遊び(韻・造語など)を学ぶことにあると思います。 この本は特に造語が多く、主人公がねずみということで、分かりやすいものだと「famouse」や「enormouse」(famous/enormous+mouseですね。)など色々出てきます。 こういう表現は英語圏の大学を出ていても「あれっ?」と少し考えないと理解できなかったりするので、児童文学を読むことはネイティブのレベルに近づくのに良いエクササイズだと思います。 『The Kingdom of Fantasy』シリーズで、あの子供時代の読書のワクワク感を思い出してみてはいかがでしょうか。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村

ニュージーランド

『Guy Fawkes Night』って何?その歴史。

皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 ここニュージーランドでは、昨日11月5日の夜は『Guy Fawkes Night』(ガイ・フォークス・ナイト)でした。 『Guy Fawkes Day』あるいは『Bonfire Night』とも呼ばれ、もともとイギリスの風習ですが、英国連邦のニュージーランドやカナダ、カリブ海諸国などでも祝われています。 「祝う」といってもニュージーランドでは基本的に花火を上げるだけなのですが、その由来にはとても興味深いものがあります。(ちなみに、本場イギリスでは、これから説明するガイ・フォークスの人形を引き回した後に焼く風習があるそうです。今はあまりやらないようですが、ちょっと怖い・・・。) さてと・・・ この日の主人公となるガイ・フォークスは、ヨーク生まれのイギリス人。1570年に生まれました。 世界史の授業で習ったかもしれませんが、当時のイギリスはローマと宗教・政治的に分裂し、プロテスタント化が進んでいた頃。 でも、このガイ・フォークス、お母さんの再婚相手がカトリック教徒だっため、熱心なローマ信奉者になりました。ヨーロッパ大陸に渡り、八十年戦争でカトリック側に従軍したほどです。 そして、時は1605年11月5日。 プロテスタントだった当時の国王ジェームズ1世(King James I)と国会議員を暗殺する計画に関わり、国会議事堂の爆破を試みます。 ちなみに、この日は国会の開会式だったので、この計画を実行するには絶好のチャンス。 国会議事堂の近くに家を借り、そこから議事堂近くまでトンネルを掘り、仲間たちと共に合計36樽の火薬を持ち込み準備万端です。 それでも、ぎりぎりのところでガイ・フォークスは逮捕されてしまいます。 この逮捕を記念して祝ったのが『ガイ・フォークス・ナイト』の始まりといわれています。 ちなみに、ここニュージーランドでは法律で11月2日~11月5日の期間しか花火を買うことができず、購入には成人であることを証明するためIDの提示を求められます。 なかなか花火が手に入らないので、この時期は皆さん狂ったように・・・ といったら失礼かもしれませんが夜中まで花火を上げています。 昨日の夜はうるさくてあまり眠れなかったので、半分居眠りしながらこの記事を書く僕でした。 もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 参照サイト 1. The Gunpowder Plot 2. Gunpowder Plot

人生論

夢実現エクササイズ。夢 X 100=?

“The only thing worse than being blind is having sight but no vision.” – Helen Keller 『目が見えないことより不幸なのは、目が見えるのにビジョンを持っていないことです。』(僕の意訳) – ヘレン・ケラー 皆さんこんにちは。お元気ですか?英語達人への道のHiroです。 さっき部屋を掃除していたら、ニュージーランドに来た15年ほど前に書いたあるリストを発見! かなりプライベートなことが書いてあるので、解像度を極力落として掲載しますが、これがそのリスト。 20代の時に書いたものなので、何気に英語の間違いもたくさんあってとても興味深い。 実はこれ、人生のビジョン設定によく使われる、ただひたすら生きているうちにやりたいこと(夢)を100個書きだすというエクササイズ。 ルールとしては、周りの人が自分に求めている夢を書くのではなく、自分に100%正直になること。10個づつ書くとかではなく、ノンストップで100個一気に書き上げること。 それから、『小説家になって本を出版したい!』などの大きな夢以外にも、もっと実現が簡単なものも含めます。 僕のリストには、『船で多くの島々を訪れたい。』とか『犬を飼いたい。』なんてのも含まれています。 日本語で書いても良いと思いますが、どうせなら英語の練習も兼ねて英語で書いてみましょう! たぶん小1時間位かかると思います。 このエクササイズを通して、自分がどんな夢を持っていて何を実現したいのか。そして、何をしたらいつもワクワクしていられ、生きる喜びを感じられるのか。 そういうことがはっきりしてくると思います。 そして、このリストをもとにビジョンを明確にし、その実現を信じ行動していく。 もちろん、100個全て実現に向けて行動を起こす必要は全くありません。 潜在意識に夢を刻み込むことが大切なのだそうです。 「ビジョンのない・・・は滅びる」とよく言われますが、ビジョンがなければ何にせよ目標達成が難しいのは真実だと思います。 英語力を伸ばしたい人に本当に大切なのは、自分の夢・ビジョンをはっきりさせること。 夢にあふれ、英語を夢実現の道具として見ることができる人は、いつもワクワクして学べるし、やっぱり上達しますよね。 ちなみに、僕の夢No.1は『英語を使ってプロのコメディアンになりたい。』でしたが、一応クリアしました。(注:現在セミプロに降格中・・・笑) 実際に実現した夢は今のところ15個位でしょうか。(1年に1個の計算ですね。) それにしても、『ラップができるようになりたい』って書いてあったのには笑ってしまいました。 今はラップにまったく興味がありません。(笑) もしよろしければ、クリックでランキングのサポートをお願いします! ↓↓↓↓↓ にほんブログ村